JTEC002737:CA Gen FAQ一覧表

book

Article ID: 135818

calendar_today

Updated On:

Products

CA Gen

Issue/Introduction

JTEC002737:CA Gen FAQ一覧表です。文章内のJTECnnnnnn部分をクリックすることで目的の技術文章が表示されます。

 

Environment

Release : All

Resolution

CA GenのFAQ一覧です。以下のリンクから各技術文章に移動できます。

 

以下の番号を選択してください。



1.JTEC001712:文字列操作を行う関数の扱いについて(Web クライアント化)(Article Id: 134031)

2.JTEC001713:入力文字のチェック機能について(Web クライアント化)(Article Id: 134034)

3.JTEC001714:JVMにおけるエラーメッセージの文字化けについて(Web クライアント化)(Article Id: 134096)

4.JTEC001717:Javaターゲットでの注意事項- シングルバイトの設定(Article Id: 134097)

5.JTEC001718:多重反復グループ・ビューについて(Article Id: 134100)

6.JTEC001719:複数プロシージャの別EARファイルデプロイについて(Article Id:134416)

7.JTEC001720:CLICK及びDOUBLE-CLICKイベントについて(Article Id: 134417)

8.JTEC001722:全角属性の変更後の長さが半分になってしまう問題(Article Id: 134661)

9.JTEC001723:SQL Server 2000の埋め込みSQL(Article Id: 134662)

10.JTEC001726:動的にリンクされるプロシージャ(Article Id: 134665)

11.JTEC001727:H/E導入テープアンロード時のエラー(Article Id: 134668)

12.JTEC001732:iefmd.ini ファイル内のLogLevel(Article Id: 134472)

13.JTEC001733:テキストの文字化けについて(Article Id: 134474)

14.JTEC001734:MD接続エラーについて(Article Id: 134555)

15.JTEC001735:COBOL for z/OS and OS/390 v3.2の新機能(Article Id: 134556)

16.JTEC001736:COBOL for z/OS and OS/390 v3.2へのアップグレード(Article Id: 134557)

17.JTEC001737:「スレッドセーフ」機能について(Article Id: 134558)

18.JTEC001738:Web生成アプリケーションにおけるブラウザ上の「更新」について(Article Id: 134560)

19.JTEC001739:JRun使用時の注意点「ORA-01000_カーソルエラーの件」(Article Id: 134561)

20.JTEC001740:JRun使用時の注意点「ORA-01002_フェッチエラーの件」(Article Id: 134562)

21.JTEC001741:Gen におけるWebSphereでのスレッド使用制限について(Article Id: 134564)

22.JTEC001742:Concatmixed(アクション図)ヘルプの補足(Article Id: 134566)

23.JTEC001743:小数の編集パターン注意事項(Article Id: 134568)

24.JTEC001744:PTF GEN65210 及び SP3 適用後の注意事項(Article Id: 134569)

25.JTEC001745 : 日本語版ツールセット(Japanese Toolset)用PTF適用に関する注意事項(Article Id: 134655)

26.JTEC001746 : ビルド・ツールのコマンド行クライアント -L パラメータとスペースを含むパス(Article Id: 134586)

27.JTEC001747 : AIXコンパイル オプション -qdbcs(Article Id: 134639)

28.JTEC001748 : ファンクションSUBSTRDBCSのPTFに関する注意事項 RTN65327/QO76480(Article Id: 134646)

29.JTEC001749 : ビルドツールのメッセージ BTN70004/QO81541適用後(Article Id: 134651)

30.JTEC001750 : Session Timeout値の変更(AllFusion Gen 6.5 Webアプリケーション)(Article Id: 134657)

31.JTEC001751 : AllFusion Gen アプリケーションに使用されたメモリの領域の解放(Article Id: 134738)

32.JTEC001752 : Gen7.0 Web生成アプリケーションのアセンブルエラー(Article Id: 134741)

33.JTEC001753 : Oracle 10g r2 (10.2.0.2) 環境でAllFusion Gen 7.0 CSEを 実行した場合、チェックアウト プロセスが非常に遅くなります(Article Id: 134748)

34.JTEC001754 : ファンクションSUBSTRDBCSのPTFに関する注意事項 RTN65327, RTM65311, RTN70016, RTM70018(Article Id: 134758) 

35.JTEC001755 : Gen r7.6 GUIの日本語文字化け(Article Id: 134762)

36.JTEC001756 : アクション図/検索(Search)ダイアログでの日本語文字化け(Article Id: 134819)

37.JTEC001757 : IEFGXTP 環境変数(Article Id: 134862)

38.JTEC001758 : 環境変数”IEFGXTP”が設定されないと、 Gen Unixサーバからの日本語の文字がDTU上で正しく表示されません(Article Id: 134863)

39.JTEC001759 : クライアント/サーバ アプリケーションのトレースでサーバ・プロシージャステップのトレースがDTUの画面に表示されません(Article Id: 134864)

40.JTEC001760 : CA Gen 7.x Java変数名に特定の全角文字があるとコンパイルエラーになります(Article Id: 134865)

41.JTEC001761 : Gen r7.6 Java EABのためのJava Data Type(Article Id: 134867)

42.JTEC001762 : CA Gen7.0 非同期デーモンが-Uのリミットに達しクラッシュする(Article Id: 134870)

43.JTEC001763 : Gen 6.5とr7のPTFでのGenランタイムファンクションSUBSTRDBCSへの変更情報(Article Id: 134875)

44.JTEC001764 : Gen r7.6 OFFICE 2007 IME との互換性.pdf(Article Id: 134881)

45.JTEC001765 : Gen r7.6 ホスト・エンサイクロペディア インストール情報 DB2 v8とcodepage 930(KATAKANA) 使用時(Article Id: 134884)

46.JTEC001766 : CA Gen 画面設計で配置フィールドがずれる事象(Article Id: 134890)

47.JTEC001767 : 数値属性に小数部の定義はないが編集パターンにはあるとき、またその逆では実行時に小数部は表示されるのか?(Article Id: 134641)

48.JTEC001769 : CA Gen7.6 AIXにIT/CSEをインストール時のスペース考慮点(Article Id: 134637)

49.JTEC001770 : 可変⻑属性に作用するlength関数は、アプリケーションに使用される DBMS(TD)の種類により異なる結果を返します(Article Id: 135823)

50.JTEC001771 : CA Gen Action Diagram内で埋め込まれた形の関数と共にtimestamp関数を使用するとTIRM149EやTIRM137Eのエラーとなる(Article Id: 134549)

51.JTEC001772 : ウィンドウの初期位置が"システムによる配置 (System Placed)"で設計されたウィンドウが実行時は"設計時の位置 (Designed Position)"に表示される(Article Id: 134547 )

52.JTEC001773 : 全角文字に対するlength、lengthdbcs関数の出力は、アプリケーションの言語に依存します(Article Id: 134370)

53.JTEC001774 : ある状況でサブセットが”Read Only”から、”Write”のステータスに戻ることがあります(Article Id: 134368)

54.JTEC001775 : データ行が追加されると全角フィールドを含むWeb生成のリストボックスの底辺が上に移動します(Article Id: 134366)

55.JTEC001776 : IEFCB80N.DLL (CA Gen r8 Communications Bridge ランタイムファイル) がSymantec Norton Antivirusなどのアンチウィルス ソフトウェアによって陽性と検出されることがあります(Article Id: 134363)

56.JTEC001777 : Gen r7.6 GAとPTFでのGenランタイムファンクションSUBSTRDBCSへの変更情報(Article Id: 134361)

57.JTEC001779 : Microsoft.Windows.Common-Controls (ComCtl32.dll) バージョン 6 を使った Gen GUI ランタイム(Article Id: 134305)

59.JTEC001780 : Gen関数UpperdbcsがGen クライアント/サーバーアプリケーションで異なる文字コードをポイントする結果となることがあります(Article Id: 134300)

60.JTEC001781 : Gen ツールセットのプロシージャ ステップ定義レポート(Article Id: 134298)

61.JTEC001782 : verifyとverifydbcs関数でヌル値(“”)を使用することは可能です(Article Id: 134296)

62.JTEC001783 : トレースオプションが有効な場合に、深くネストしたIFステートメントで発生するジェネレーションエラー(Article Id: 134289)

63.JTEC001784 : Axisにデプロイ後、DBCS文字の文字化けのため、Web Service Wizardプラグイン が生成したWSDLファイルが開けない(Article Id: 134287)

64.JTEC001785 : Red Hat Enterprise Linux Server v5.5 に Implementation Toolset をインストールしようとすると、libc システム ライブラリに関するエラーのためにUnicenter Software Delivery (USD) ユーティリティが起動に失敗してしまう(Article Id: 134285)

65.JTEC001786 : Gen r7.0でトレースオプションが有効な場合に、深くネストしたIFステートメントで発生するジェネレーションエラー(Article Id: 134228)

66.JTEC001787 : ビジネスシステムのリストボックスのフォントを修正後フォントの行間表示が不正となる(Article Id: 134227)

67.JTEC001788 : 生成されたコード内のpadprintのフォーマットが読みづらい(Article Id: 134225)

68.JTEC001789 : CS モードでOPT.CMD_FORM が効かない(Article Id: 134217)

69.JTEC001790 : Web Service Wizard User Guide : Tomcat と Axis インストレーション手順の訂正(Article Id: 134215)

70.JTEC001791 : 一貫性検査メッセージICCFV04Sの更新(Article Id: 134174)

71.JTEC001792 : 一貫性検査メッセージICCDI01Fの更新(Article Id: 134173)

72.JTEC001793 : 一貫性検査メッセージICCBR17Sの更新(Article Id: 134171)

73.JTEC001794 : 一貫性検査メッセージICCBR16Sの更新(Article Id: 134170)

74.JTEC001795 : 一貫性検査メッセージICCBR12Sの更新(Article Id: 134168)

75.JTEC001796 : 一貫性検査メッセージICCBR11Sの更新(Article Id: 134165)

76.JTEC001797 : 一貫性検査メッセージICCBR04Sの更新(Article Id: 134160)

77.JTEC001798 : 一貫性検査メッセージICCBR03Sの更新(Article Id: 134158)

78.JTEC001799 : 入力フィールドのテキスト属性の長さより長い長さを編集パターンに設定した場合(Article Id: 134894)

79.JTEC001800 : なぜCA Gen r8ではEJBにホームインターフェースが生成されないのか?(Article Id: 134898)

80.JTEC001801 : Windows 7環境でWeb Service Wizard用のPTF PLG80003を適用した時にエラーが発生しwebsvcpi.dll及びwebsvcpi.exeが置き換わらない(Article Id: 134902)

81.JTEC001802 : 日本語版『CA Gen z : OS インストール ガイドr8』のページ351の誤訳について(Article Id: 134926)

82.JTEC001803 : ツールセットの入力フィールドの編集パターンに、フィールド長より長い編集パターンが設定できる事について(Article Id: 134927)

83.JTEC001804 : weblogic-ejb-jar.xmlファイル内のjndi名の変更について(Article Id: 135089)

84.JTEC001805 : projectファイルの作成場所について(Article Id: 135090)

85.JTEC001806 : Gen r8.0 のzOSでのSubstrmixed関数について(Article Id: 135348)

86.JTEC001807 : 可変⻑属性に後続空白のある文字を設定し、PSTEP USEのパラメー タとして渡すと、Cアプリケーションでは、後続スペースがカットされる(Article Id: 135384)

87.JTEC001808 : Gen r8.0 のNETDynamicCoopFlowExit.csユーザexitのマニュアルの記載場所について(Article Id: 135440)

88.JTEC001809 : 日本語版『CA Gen ホストエンサイクロペディアユーザガイドr8』のページ42の誤訳について(Article Id: 135441)

89.JTEC001810 : 日本語版『CA Gen z : OS インストール ガイドr8』のページ208の誤訳について(Article Id: 135614)

90.JTEC001811 : 日本語版『CA Gen z : OS インストール ガイドr8』のページ201の改訂について(Article Id: 135615)

91.JTEC001812 : Gen r8.0 SPACESの仕様について(Article Id: 135616)

92.JTEC001813 : CEJOB05,CEJOB06 JCLにおいてS806 ABENDが発生する件について(Article Id: 135617)

93.JTEC001814 : カスタマイズコードでEXEC CICSステートメントを使用しない場合のユーザーEXIT TIRCURTZ作成方法について(Article Id: 135676)

94.JTEC001815 : C, z/OS, Java, .NETアプリケーションにおけるDBCS関数での位置の数え方の違いについて(Article Id: 135677)

95.JTEC001816 : 生成されるサンプルのXMLテストファイル群は、プロキシスタイルにより作成されるディレクトリの場所が異なる(Article Id: 135819)

96.JTEC001817 : 表示特性にあるフォントの「色」ドロップダウン(Article Id: 135821)

97.JTEC001818 : CICS用のスクリプトTIXIVPCIやTIXIVPCEを生成する際にスクリーン・フォーマット・エラーになる件(Article Id: 135822)

98.JTEC001819 : Windows XP テーマにおけるGen ツールセット設計時と実行時のグループボックス・テキストの色(Article Id: 135858)

99.JTEC001820 : Java Web生成クライアントのイベントアクション内でモーダルダイアログボックスのオープン/クローズ時のスタックオーバーフローエラー(Article Id: 135862)

100.JTEC001821 : Diagram Trace Utility(DTU)の表示の問題 – FUNCTIONステートメントがINVOKEステートメントとして表示される件(Article Id: 135863)

101.JTEC001822 : CA Gen r8.5 IE1適用後にビルドツールのプロファイル選択リストボックスの内容が変更される件について(Article Id: 135868)

102.JTEC001823 : 64BitのAIX(他にHP-UX、Soralis、Linux等同じPIFパッケージが使用されているOS)でr8.5のImplementation Toolsetのインストールが失敗する(Article Id: 135870)

103.JTEC001824 : Oracle 64-bitデータベースへの32-bitクライアントを使ったローカル接続について(Article Id: 135911)

104.JTEC001825 : ブロックモード画面に一度配置したフィールドのドメインを変更するとICCSV03Eメッセージが表示され、一貫性エラーとなることについて(Article Id: 135912)

105.JTEC001826 : TIRM158E “GetCodePage”エラーの修正方法について(Article Id: 135913)

106.JTEC001827 : Gen r8.0 でTEをWindowsのサービスとして登録しVisual Studio 2010のロードモジュールをビルドし実行する場合の手順について(Article Id: 135915)

107.JTEC001828 : 複数のWeb生成クライアントが同時刻に同じプロシージャステップ USEステートメントを実行した場合に発生する問題を解決するPTFリリースのお知らせ(Article Id: 134642)

108.JTEC001829 : 32ビットOracleクライアントを使って64ビットOracleサーバーに接続する環境構築時の注意点について(Article Id: 134638)

109.JTEC001830 : 64ビットのSQL Serverデータベースを使用したCSE環境構築時の注意点について(Article Id: 134552)

110.JTEC001831 : 日本語を使う環境でASP.NETクライアントアプリケーションのリストボックスでScrollBottomイベントの処理が実行された時最下行を表示することができないことがある(Article Id: 134548)

111.JTEC001832 : LOC.CODE : SRCトークンを変更し、ローカルでアプリケーションを生成するとビルドに失敗する(Article Id: 134369)

112.JTEC001833 : Windows GUIクライアントモジュールのリモートファイルをLOC.CODE_SRCトークンで指定された場所に置かないとビルドに失敗する(Article Id: 134367)

113.JTEC001834 : サーバモジュールをビルドすると、実行モジュールがLOC.CODE_EXEで指定したディレクトリに作成されない(Article Id: 134364)

114.JTEC002031 : r8.5 IE1におけるスクリプトファイルbuild_proxy_net.scrの変更について(Article Id: 134362)

115.JTEC002035 : r8.5 AEFADオプション及びAEFUFオプションの拡張について(Article Id: 134359)

116.JTEC002039 : ビュー サイズの計算方法(Article Id: 134303)

117.JTEC002216 : 複数のASP.NETクライアントが同時刻に同じプロシージャステップ USEステートメントを実行した場合に発生する問題を解決するPTFリリースのお知らせ(Article Id: 134299)

118.JTEC002217 : mkdbs.bat実行時の注意点(Article Id: 134297)

119.JTEC002218 : ウィンドウ(ダイアログボックス)を閉じる時に考慮すべきことについて(Article Id: 134294)

120.JTEC002219 : Configuration Instanceのサポートについて(Article Id: 134295)

121.JTEC002220 : r8.0からのEARファイルのコンテンツの圧縮オプションの設定方法について(Article Id: 134288)

122.JTEC002221 : LeftMouseBtnDownイベントご利用上の注意(Article Id: 134286)

123.JTEC002305 : CURRENT_TIMESTAMP変数の生成言語による精度の違いについて(Article Id: 134230)

124.JTEC002393 : CA GenランタイムプログラムをGACに導入している場合の注意点(Article Id: 134226)

125.JTEC002544 : NET Proxyビルド時のWeb Deploy のエラーについて(Article Id: 134222)

126.JTEC002653 : r8.5以降における一貫性検査オプションの機能強化について(Article Id: 134216)

127.JTEC002663 : MICM(Multi-Instance Client Manager)オプションについて(Article Id: 134214)

128.JTEC002702 : 日本語Toolset環境での.NET Framework 4.0のサポートについて(Article Id: 134176)

129.JTEC002716 : CSE Clientのログの出力場所について(Article Id: 134167)

130.JTEC002723 : 日本語Toolset環境でのVS 2017サポートについて(Article Id: 134164)

131.JTEC002731 : CA Gen CALL EXTERNALステートメントエラー - 「&」文字が含まれる入力文字列フィールド(Article Id: 134159)

132.JTEC002734 : 日本語のフォントを設定すると複数行入力フィールドのテキスト表示開始位置が変わる(Article Id: 134156) 

133.JTEC002757 : DTUの値変更パネルで全角属性フィールドに定義された長さを超えて半角スペースが表示される(Article Id: 144336) 

134.JTEC002862 : Microsoft EdgeのChromium版をサポートしていますか?(Article Id: 193791)

135.JTEC002911 : VS2019サポートPTFのTSN86209/SS13873に日本語版はありますか?(Article Id: 196585)

136.JTEC002912 : VS2019でのビルドで、BTN86201適用後、TSN86209も適用が必要ですか?(Article Id: 196586)

137.JTEC002740 : z/OS、CICS、DB2、IMS、CPUとの互換対応 (Article Id: 136491)

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002737