CA Common Services : CCS r15.0の導入手順

book

Article ID: 187049

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

CA Common Services for z/OSをr15.0にアップグレードを計画しています。
日本語の導入手順書はありますか?

Environment

Release: 15.0
OS: z/OS

Resolution

CA Common Services for z/OS r15.0の日本語の手順書はありません。
以下にr15.0でのBASEコンポーネントのACCEPTまでの手順を抜粋して記載します。

①Broadcom Support Portalより、CA Common Services for z/OSの導入に必要なpaxデータをダウンロードします。
    以下はr15.0のBASE及びLEGACYのpaxファイル名です。(paxファイル名の詳細に関してはこちらをご覧ください)

    CCS - BASE       : F00000AW020.pax.Z 
         CCS - LEGACY  : E11802AW011.pax.Z 

②メインフレームホストのUSS環境へ、上記①のファイルをアップロードします。

③paxデータをUNPAXしてプロダクト・ディレクトリーを作成して、導入用ファイルを展開します。
 以下のサンプルJCLでは、F00000AW020.pax.Z をUNPAXしています。


サンプルJCLは以下のリンクで説明されています。
Create a Product Directory from the Pax File

④メインフレームホストのUSS環境にて、上記③で作成されたディレクトリーでAW0F0G0(r15.0用)が存在することを確認します。
 当該ディレクトリーからUNZIPJCLを編集して、メインフレームホストで導入用のSAMPJCLを作成します。



⑤UNZIPJCLより作成されたprefix.SAMPJCLにて、以下の2つのJCLメンバーを順番に編集します。

  1. AW0SEDIT ==> お客様のシステム環境に導入するためのJCLを生成するために、データセット名、ジョブ名、
               SMP/Eデータセット名、格納先DASDのVOLUME情報等を設定します。

  2. AW0EDALL ==> USERDSN = 'YOUR.SAMPJCL'  に、現在このJCLが格納されているSAMPJCL名を指定します。

  3. EX 'YOUR.SAMPJCL(AW0EDALL)'にてAW0EDALLを実行します。

      上記の"3"まで実行すると導入用JCLが生成されます。以下の"4"以降を順番に実行します。

  4. AW000ALL   - Allocate product and SMP/E Datasets                                   
  5. AW003ALU  - Allocate product USS Datasets (Only required if installing CFF6F00)   
  6. AW006MKD - Allocate product USS Directories (Only required if installing CFF6F00) 
  7. AW010CSI   - Create and customize SMP/E CSI                                        
  8. AW015CSU - Customize SMP/E CSI for USS (Only required if installing CFF6F00)     
  9. AW020RCB - SMP/E Receive of Base Functions                                       
10. AW030APB - SMP/E Apply of Base Functions                                         
11. AW040ACB - SMP/E Accept of Base Functions                                        

    上記"11"まで実行したらCA Common Services r15.0のBASEの導入作業は終了です。(※)
   その後は、予防保守PTFの適用手順を実施します。
 (お客様ご自身で、Broadcom Support Portalから予防保守PTFをダウンロードして適用される場合にはSAMPJCL(AW050CAR)から(AW080APM)までを必要に応じて実行してください。)

※LEGACYコンポーネントを導入される場合には、継続して下記のJCLを実行してください。
   これらJCLを実行するまでに、 CCS - LEGACY : E11802AW011.pax.Z をダウンロードして、お客様のUSS環境にアップロードして上記③UNPAX処理まで終了させておく必要があります。

12. CCS00ALL  - Allocate Legacy product Datasets          
13. CCS10CSI  - Customize SMP/E CSI for Legacy Functions  
14. CCS20RCB - SMP/E Receive of Legacy Functions     
15. CCS30APB - SMP/E Apply of Legacy Functions     
16. CCS40ACB - SMP/E Accept of Legacy Functions  

Additional Information

参考文献:CA Common Services r14.1の日本語の導入手順書

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002778

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表

Attachments