CA Common Services : CAS9182Aメッセージの発⾏タイミング

book

Article ID: 134211

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

CAS9182Aメッセージは、LMPキーの満了⽇が切れる30⽇前から発⾏されるようですが、
実際のLMPキーに指定されている満了⽇よりも、10⽇程遅く表⽰されているようです。
これは、なぜでしょうか?
あわせて、CAS9182Aメッセージの発⾏タイミングについても教えてください。

 CAS9182A - WARNING: LMP KEY PROD (nn) EXPIRES IN 030 DAYS"

Environment

Release : ALL
OS : z/OS

Resolution

LMPキー⽣成の際に、LMPキー上のDate(ddmmmyy)に対して10⽇間程度の猶予期間をあらかじめ設定しています。
この猶予期間を含んだ⽇付が、実際の満了⽇となります。
CAS9182Aメッセージは、実際の満了⽇をチェックして発⾏されるのでこのような⽇付の誤差が⽣じます。
尚、CA Common Services r12.0以降では、実際の満了期限を表⽰するTSOコマンド(CAIRIMU)が提供されています。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC000056

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表