CA Common Services : CAIRIMUコマンド

book

Article ID: 134212

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services CA JCLCheck Workload Automation CA 1 Tape Management

Issue/Introduction

CA Common Services for z/OS r12.0で実装されたCAIRIMU TSOコマンドとはどのようなコマンドですか?
このコマンドはどのようにして使用しますか?

Environment

Release : ALL
OS : z/OS

Resolution

コマンドの実行形式(TSOコマンドで実行する場合)

  TSO CAIRIMU PROD(nn)

<表示例>
 CAS9002I
 CAS9087I Prod (nn) viols|warns/stat(000/N) Warnstart(Sun, 08-Feb-2015)
 CAS9088I Expiry1(Tue, 10-Mar-2015) Expiry2(Thu, 09-Apr-2015)


説明:

 Prod (nn)                       ==> nnはプロダクトコード
 viols|warns/stat(000/N)         ==> ワーニングメッセージの発行回数
 Warnstart(***, dd-mmm-yyyy)     ==> ワーニングメッセージ発行日(CAS9182Aの発行予定日)
 Expiry1(***, dd-mmm-yyyy)       ==> LMPキーの満了日(LMPキーに猶予期間を含んだ日付)
 Expiry2(***, dd-mmm-yyyy)       ==> LMPキーの失効日(Expiry1に猶予期間を含んだ日付)


※ 出力メッセージの詳細に関しては、Message Reference Guideをご覧ください。    
    なお、OSコンソールやSDSF等からスタートスタートコマンド形式で実施する場合には、以下のように実行します。


     S CAIRIMU,,,PARM='PROD(nn)' 


※1 nn : プロダクトコード
※2 上記コマンドを実行するには、事前にお客様のプロシジャーライブラリーにPrefix.CAW0PROC(CAIRIMU)をコピーする必要があります。
※3 CAIRIMUコマンドが"CAIRIMU command not found"で利用できない場合には、JTEC002981をご覧ください。

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000057

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表