search cancel

OPSMVS R14.0の導入手順

book

Article ID: 258454

calendar_today

Updated On:

Products

OPS/MVS Event Management & Automation

Issue/Introduction

OPS/MVSのr14.0へのアップグレードを計画しています。

日本語の導入手順書はありますか?

Environment

Release: 14.0

OS: z/OS

Resolution

OPS/MVSの日本語での導入手順書はありませんので、以下にr14.0での手順を要約して記載します。

①Broadcom Support Portalより、OPS/MVSの導入に必要なpaxデータをダウンロードします。
    paxファイル名は以下の通りです。

    DVD11101251E.pax.Z

②メインフレームホストのUSS環境へ、上記①のファイルをアップロードします。

③paxデータのUNPAX実施すると、プロダクト・ディレクトリーが作成されて、導入用ファイルが展開されます。
 以下のサンプルJCLでは、DVD11101251E.pax.Z をUNPAXしています。

<ご参考:UNPAX用JCLサンプル>

//UNPAXDIR   EXEC PGM=BPXBATCH,                                         
//             PARM='sh cd /xxx/xxxxxxxx/; pax                         X
//            -rvf DVD11101251E.pax.Z'                                
//STDOUT   DD  SYSOUT=*                                                 
//STDERR   DD  SYSOUT=*                                                 

UNPAX用サンプルJCLに関する説明はCreate a Product Directory from the Pax Fileでも説明されていますので、ご参照ください。

④メインフレームホストのUSS環境にて、上記③で作成されたディレクトリーでCLXE0G0が存在することを確認します。
 当該ディレクトリーからUNZIPJCLを編集して実行することで、メインフレームホストに導入用のprefix.SAMPJCLを作成できます。

<ご参考:CLXE0G0イメージ>

                           Z/OS UNIX DIRECTORY LIST          ROW 1 TO xx OF xx 
COMMAND ===>                                                  SCROLL ===> PAGE 
                                                                               
PATHNAME . : /u/uuuuuuu/CLXE0G0                                              
EUID . . . : 2308                                                              
Command  Filename        Message          Type Permission Audit  Ext  Fmat     
-------------------------------------------------------------------------------
         .                                Dir  rwxr-xr-x  fff---      ----     
         ..                               Dir  rwxrwxrwx  fff---      ----     
         AREADME                          File rwxr-xr-x  fff--- --s- ----     
         CA.DEPLOYMENT.X                  File rwxr-xr-x  fff--- --s- ----     
         SMPPTFIN                         Dir  rwxr-xr-x  fff---      ----     
         SMPRELF                          Dir  rwxr-xr-x  fff---      ----     
              :      
         S0001.MF20.MSPS                  File rwxr-xr-x  fff--- --s- ----     
        :      
         UNZIPJCL                         File rwxr-xr-x  fff--- --s- ----     
******************************* Bottom of data ********************************

⑤UNZIPJCLより作成されたprefix.SAMPJCLにて、以下の2つのJCLメンバーを順番に編集します。

 1. CLXSEDIT ==>  導入用JCLを生成するために、データセット名、ジョブ名、SMP/Eデータセット名、格納先DASDのVOLUME情報等を設定します。

 2. CLXEDALL ==>  USERDSN = 'YOUR.SAMPJCL'  には、現在このJCLが格納されているprefix.SAMPJCL名を指定します。

 3. EX 'YOUR.SAMPJCL(CLXEDALL)'にてAW0EDALLを実行します。

      上記の"3"まで実行すると導入用JCLが生成されます。以下の"4"以降を順番に実行します。

 4. CLX00ALL   - Allocate product and SMP/E datasets

 5. CLX03ALU- Allocate product USS datasets       ※1 

 6. CLX06MKD   - Create product USS directories  ※1 

 7. CLX10CSI   - Create and customize SMP/E CSI                  

 8. CLX15CSU- Customize SMP/E CSI for USS      ※1 

 9. CLX20RCB - SMP/E Receive of Base Function

10. CLX30APB - SMP/E Apply of Base Functions

11. CLX40ACB - SMP/E Accept of Base Functions

 

導入作業は上記 11 までで完了です。その後は、予防保守PTFの適用作業を実施します。※2

 

※1 FMID CCLXE01を導入しない場合、5,6および8 のJCLメンバ実行は不要です。   

※2 予防保守PTFの適用手順につきましては、予防保守PTF適用手順とJCLサンプルをご参照ください。

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003172 

OPS/MVSのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002336 : CA OPS/MVS FAQ一覧表