予防保守PTF適用JCLサンプル

book

Article ID: 241850

calendar_today

Updated On:

Products

Common Services COMMON SERVICES FOR Z/OS

Issue/Introduction

Common Services r15.0の導入後の予防保守PTFを適用できるJCLサンプルはありますか?

Environment

Release: 15.0

OS: z/OS

Resolution

予防保守PTFを適用するには、prefix.SAMPJCLの以下JCLメンバーをご利用いただけます。

1. AW060RCH : AW070RCMで必要となるHOLDファイルをダウンロードします。HOLDファイルがお手元にない場合は当JCLを利用してご入手ください。 

2. AW070RCM : 予防保守PTFをRECEIVEします。
 
3. AW080APM : 予防保守PTFをAPPLYします。※1 ※2
 
※1 FMIDの指定はAW020RCB、AW030APB、およびAW040ACBと合わせます。詳しくはこちらをご参照ください。
※2 AW080APMによるAPPLYにより予防保守PTF適用作業は完了としていただいて構いません。AW090ACMによるACCEPT処理は不要です。

Additional Information

CCS r15.0の導入手順 

Common Services r15.0導入時に選択するFMIDについて

 

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003082

 

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表