LiveUpdate Administrator 2.3.x のログとトラブルシューティングデータの収集

book

Article ID: 222489

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

LiveUpdate Administrator (LUA) 2.3.x には、テクニカルサポートが問題を診断するのに役立つトラブルシューティング情報を収集する機能が組み込まれています。補足の診断ログがあれば、問題の全体像を把握することができます。この文書では、これらの情報を収集する方法について説明します。

Resolution

LUA 2.3.x 以降のトラブルシューティング診断情報を収集するには: 

1. LUA コンソールにログインします。
2. コンソール右上の [トラブルシューティング] リンクをクリックし、指示に従って Luadebuginfo.zip を取得します。

もし処理が終了しない、エラーが発生するなどの理由で上記手順ではファイルを取得できない場合は、かわりに下記のフォルダにあるファイルを全て収集してください。

    • <LUA のインストールフォルダ>\logs フォルダ内のファイル全て
    • <LUA のインストールフォルダ>\tomcat\logs フォルダ内のファイル全て


追加資料の収集:

  • LUA サーバーの SymDiag 診断ツールの実行結果ファイル
  • LUA サーバーの LUA イベントログ (EventAuditLog.csv)
  • LUA サーバーの設定復元ファイル
  • 更新失敗の原因が、LUA からコンテンツをダウンロードする SEP クライアントにある場合、1 台以上の SEP クライアント端末の SymDiag 診断ツールの実行結果ファイル

 

問題の内容によっては、特定のファイルやディレクトリリスト、設定ファイル等の提供をテクニカルサポートが依頼することがあります。

Attachments