SymDiag をダウンロードして製品の問題を検出する

book

Article ID: 187747

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

よくある問題を特定して、サポートが支援するトラブルシューティングのためのデータを収集し、他のサポート資料のリンクを提供する SymDiag (Symantec Diagnostic Tool) とそのダウンロードについて説明します。

Resolution

Windows 用の SymDiag

  1. Windows 用の SymDiag をダウンロードします。
    Windows デスクトップにファイルを保存します。
  2. Windows デスクトップで SymDiag.exe のアイコンをダブルクリックします。
  3. 画面上の指示に従います。
 

Linux 用の SymDiag

Linux システムのログを収集する方法は、SEP for Linux クライアントを使用するか、SES Linux エージェントを使用するかによって異なります。 

SEP for Linux (オンプレミス)

    1. Linux 用の SymDiag をダウンロードします。
      このリンクを右クリックして[名前を付けて対象を保存]または[名前を付けてリンク先を保存]を選択します。
    2. symdiag.run をコンピュータ上のディレクトリに保存します。
    3. ファイルを実行可能ファイルとマーク付けしてスーパーユーザーとして実行します。 

      sudo chmod +x ./symdiag.run
      sudo ./symdiag.run

    4. 画面上の指示に従います。

SES Linux エージェント (クラウド管理)

GetAgentInfo スクリプトを使用して SES Linux エージェントのログを収集できます。ターミナルから以下のコマンドを実行します。
cd /opt/Symantec/sdcssagent/IPS/tools
./getagentinfo.sh
 

macOS 用の SymDiag

SymDiag for macOS は利用できません。代わりに、以下のいずれかをダウンロードしてください。
  • WSS Agent や Unified Agent の問題については wssa-diag.sh をダウンロードしてください。
  • GatherSymantecInfo をダウンロードして、他のシマンテック製品の問題を調べます。
 

Diagnostic .cloud for ProxySG

次のネットワーク保護製品については、Diagnostic.cloud で追加の診断リソースを利用できます。
  • ProxySG

 

Windows 用 SymDiag Viewer

  1. SymDiag Viewer for Windows をダウンロードして、ファイルを Windows のデスクトップに保存します。
  2. Windows デスクトップ上で SymDiagViewer.msi アイコンをダブルクリックします。
  3. 画面の指示に従って、SymDiag Viewerをインストールしてください。
  4. *.sdbz ファイルをダブルクリックすると、SymDiag Viewer でファイルが開きます。