正当なメールが誤ってスパムメールと判定され "553-Message filtered" のエラーが発生する

book

Article ID: 221538

calendar_today

Updated On:

Products

Email Security.cloud

Issue/Introduction

アウトバウンドまたはインバウンドの正当なメールが誤ってスパムメールと判定された。
以下のエラーが記録されている。

553 - Message Filtered

電子メールログ追跡に以下のように記録されている。
サービス: [スパム対策]
処理: [遮断]、[隔離しました]、[ヘッダーを追加しました]、[リダイレクトしました]、[件名にタグを付けました] のいずれか

Resolution

解析のためメール検体を提出してください。

ステップ 1: メール検体を取得する。

スパムメールと誤って判定されたメール検体を message/rfc822 形式の拡張子 .eml/.msg のファイルとして取得します。
メールが遮断、削除により取得できない場合は、以下のいずれかの方法でオリジナルメールのコピーを取得します。

  • エンベロープの送信者を一時的に承認送信者に登録して、送信者より同じメールを再送します。取得後に承認送信者の設定は削除します。
  • 送信者側の送信済みフォルダよりオリジナルメールを取得します。
  • 送信者側の送信済みフォルダに残っているオリジナルのメールをスパムスキャンが行われない別メールアドレスへ送信し直します。
    特定のメールアドレス宛のメールでスパムスキャンを行わないようにする方法は以下の技術文書を参照してください。

    Exclude Specific Recipient Addresses from Inbound Spam Scanning

ステップ 2: メール検体を提出する

  1. Email Security.cloud ポータルへログインする。
  2. [ツール] > [Email Submissions] を選択する。
  3. [誤検知の提出] をクリックする。
  4. [電子メールのサンプル] の [ファイルを選択] を選択する。
  5. メール検体の .eml または .msg ファイルを選択して [検査] をクリックする。
    提出された検体がシグネチャ処理システム及び Skeptic ヒューリスティックでスキャンされ、現在もスパム判定されているかどうかが検査されます。
    スキャン後に以下のいずれかのメッセージが表示されます:

    提出したサンプルが現在はスパムとして分類されていない場合:
    「この電子メールは、スパムに分類されていません」

    提出したサンプルが現在もスパムとして分類されている場合:
    「誤検知の提出」
    「この電子メールは現在、スパムとして分類されています。あなたの連絡先情報を提供し、調査のためのサンプルを提出してください」
  6. 氏名と最大 3 件のメールアドレスを入力し、 [サンプルの提出] をクリックします。
    提出を行うと、サンプルが提出されたことを示すメールが [email protected] より送信されます。このメールには、 Submission ID と Sample ID の情報が記載されています。
    提出したサンプルに関する問い合わせをテクニカルサポートに行う場合には、この両方の ID の情報が必要となります。
    提出されたサンプルの解析が完了すると、提出に対してスパムルールの調整が行われたかどうかの解析結果を示すメールが送信されます。

ステップ 3: 提出した誤検知の提出を確認する
提出したサンプルの解析状況は [提出した誤検知] 画面で確認できます。

その他のサンプル提出方法
上記の手順でサンプルの提出ができない場合、またはテクニカルサポートが他の方法を使って提出することを指示した場合は、以下の技術文書を参照してください。

Submit spam false positives when unable to use the Anti-Spam submission portal.

Additional Information

免責事項
提出した誤検出やすり抜けのサンプルにはメールアドレスやメッセージ本文に個人を識別可能な情報が含まれている場合があります。
ブロードコムはこれらの情報をスパムルールの生成のためにのみ利用します。

ブロードコムでは、スパムメールの検出精度を高めるために誤検知やすり抜けのサンプルを提出することを推奨しています。
提出された情報はブロードコムのスパムルールの作成者にのみ共有され、サードパーティに共有されることはありません。

個人情報に関してのご質問がある場合は、ブロードコムのプライバシーポリシーを参照してください。