ALERT: Some images may not load properly within the Knowledge Base Article. If you see a broken image, please right-click and select 'Open image in a new tab'. We apologize for this inconvenience.

CA JCLCheck:CAY6382Eメッセージについて

book

Article ID: 199442

calendar_today

Updated On:

Products

JCLCheck Workload Automation UNICENTER JCLCHECK COMMON COMPONENT UNICENTER JCLCHECK COMMON COMPONENT

Issue/Introduction

DB2ステートメントを含むJCLを検証した時に以下のようなメッセージが発行される場合があります。
対応方法について教えてください。

メッセージ内容:
CAY6382E ERROR DURING "DB2" INTERFACE, RC= "SQLCODE" REASON IS "FFFFFCCE"
CAY6382E ERROR DURING "DB2" INTERFACE, RC= "0000000C" REASON IS "00F30040"
CAY6382E ERROR DURING "DB2" INTERFACE, RC= "S806" REASON IS "PGM FETCH"

Environment

Release: 12.0
OS: z/OS

Resolution

対応方法:

CA JCLCheckのオプションで”NODB"を設定するか、オプションのDB2インタフェースを設定します。

DB2インタフェースの設定方法に関しては、CA JCLCheck Getting Started Guideの (Optional) Install Support for DB2 Interfaceをご覧ください。
(マニュアルを参照するには、Broadcom supportポータルへのLOGINが必要な場合があります。)

DB2オプションについて

 DB2サブシステムがACTIVEの場合、デフォルトでDB2オプションがONになります。
 DB2サブシステムがINACTIVEの場合、デフォルトでNODB2オプションがONになります。
 ※これらのオプションの有無(DB2,NODB2)に関わらず、DB2のSYSTSINは検査対象となります。

 原典:英文ナレッジドキュメント:Article id:25902より抜粋しています。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002933

CA JCLCheckのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA JCLCheck FAQ一覧表