CA Top Secret:TSS7000IとTSS7001Iメッセージについて

book

Article ID: 219736

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

TSOのLOGON時やジョブを実行時などのJOBLOGにTSS7000IとTSS7001Iのメッセージが表示されます。
但し特定のユーザーは表示されないこともあります。
これらのメッセージの制御を行うことはできますか?

Environment

Release : 16.0

Component : CA Top Secret for z/OS

Resolution

TSS7000IとTSS7001Iのメッセージは、管理者権限のユーザー(例えば、MSCA, SCA, LSCAなど) は常に当該メッセージは発行されます。(※)
その他のユーザーに関しては、LUMSGとSTMSGオプションが設定されていると当該メッセージは発行されます。
抑止する場合には、NOLUMSG,NOSTMSGを設定します。

例)FACILITY TSOの例
TSS9550I FACILITY DISPLAY FOR TSO                                     
TSS9551I INITPGM=IKJEFLC  ID=T  TYPE=003                              
TSS9552I ATTRIBUTES=IN-USE,ACTIVE,SHRPRF,NOASUBM,ABEND,SUAS,NOXDEF    
TSS9552I ATTRIBUTES=LUMSG,STMSG,SIGN(M),INSTDATA,RNDPW,AUTHINIT      
TSS9552I ATTRIBUTES=NOPROMPT,NOAUDIT,RES,WARNPW,TSOC,LCFCMD           
TSS9552I ATTRIBUTES=MSGLC,NOTRACE,NOEODINIT,IJU,NODORMPW,NONPWR       
TSS9552I ATTRIBUTES=LUUPD,NOPHRONLY                                   
TSS9553I MODE=WARN  DOWN=GLOBAL  LOGGING=MSG,SEC9                     
TSS9554I UIDACID=8 LOCKTIME=000 DEFACID=*NONE*   KEY=8                
TSS0300I  MODIFY   FUNCTION SUCCESSFUL 

注意:特定のユーザがDORMモードの場合には、TSS7000IとTSS7001Iのメッセージは発行されません。

※管理者にもNOLUMSG、NOSTMSGの制御を有効にしたい場合は、OPTIONSコントロール・オプションに1を指定して下さい。
これで管理者を含む全ユーザーに対して、NOLUMSG、NOSTMSGが有効になります。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003022

CA Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表