CA Top Secret:テンポラリ・シャットダウン時のTSS9080Aメッセージへの応答について

book

Article ID: 190916

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

コンソールからCA Top Secretをテンポラリ・シャットダウンで停止するとき、Tオプションを指定してリプライ応答後、以下のTSS9082Eメッセージのプロンプトが返されました。

*nn TSS9080A ENTER YOUR OPERATORID/PASSWORD FOR MODIFY ACCOUNTABILITY      

そして、実行ユーザーのACIDとパスワードを指定(「nn,acid/password」)してリプライ応答すると、以下のメッセージで失敗しました。
このプロンプトへの応答には何が必要ですか?

 R nn SUPPRESSED   
 IEE600I REPLY TO nn IS;SUPPRESSED                                         
 TSS7250E 136 J=TSS A=acid TYPE=CASECAUT RESOURCE=TSSCMD.ADMIN.MODIFY  
 TSS7251E ACCESS DENIED TO CASECAUT <TSSCMD.ADMIN.MODIFY>                  
 TSS9082E YOU ARE NOT AUTHORIZED TO MODIFY SECURITY                        
 TSS9078I MODIFY OPTION IGNORED                                            

Environment

OS: z/OS

Resolution

TSS9082Eメッセージへの応答について、CA Top Secretをテンポラリ・シャットダウンする実行ユーザーに対して、以下のいずれかの設定をしてください。

1. CONSOLE属性を追加
 TSS ADDTO(acid) CONSOLE

2. CASECAUTリソースクラスのPERMITルールの付与
 TSS ADDTO(dept acid) CASECAUT(TSSCMD)  ※所有権を設定していない場合
 TSS PERMIT(acid) CASECAUT(TSSCMD.ADMIN.MODIFY) ACCESS(PRIVILEG)

上記のいずれかの設定後、TSS9082Eメッセージへのリプライ応答として、実行ユーザーのACIDとパスワードを指定(「nn,acid/password」)することで、CA Top Secretをテンポラリ・シャットダウンで停止することができます。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002804

CA Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表