CA Top Secret:PERMITルール(XAUTH)でVOLUMEの(D,G)表示の説明

book

Article ID: 188317

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

ボリューム・リソースの使用権で、以下のようなPERMITルール(XAUTH)でVOLUMEの(D,G)を許可することは、何を意味しますか?
 (例)

XAUTH     = TST(D,G)          ACID(xxxxxx )    
  ACCESS  = UPDATE                 

Environment

OS: z/OS

Resolution

総称プレフィックスの「D」はディスクを表します。 CA Top Secretの古いバージョン(2000年より以前)では、ディスクとテープの汎用ボリュームを定義することができました。 総称プレフィックスの「D」は廃止され、現在は機能しません。
ボリューム・リソースの使用権から総称プレフィックス「D」を削除し、整理する場合は、以下の対応によりご確認ください。

1) 他のデパートメントACIDに所有権を移動
    TSS ADDTO(new dept) VOLUME(TST(G)) UNDERCUT NOPERMIT

2) 総称プレフィックス「D」が含まれるPERMITルール(XAUTH)の確認
    TSS WHOHAS VOLUME(TST(DG))

3) 結果表示から、総称プレフィックス「D」が含まれる不要なPERMITルールを削除及び再設定
   TSS REVOKE(acid) VOLUME(TST(D,G)) ACCESS(UPDATE)
   TSS PERMIT(acid) VOLUME(TST(G)) ACCESS(UPDATE)

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002789

CA Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表