CA Top Secret:ログ記録されたCA Top SecretコマンドをTSSUTILユーティリティで抽出する方法

book

Article ID: 187851

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

AUDITファイルまたはSMFファイルにログ記録されたCA Top Secretコマンドについて、TSSUTILユーティリティからそれらを抽出してフィルター処理するにはどうすればよいですか?

Environment

OS: z/OS

Resolution

CA Top Secret 16.0より、LOGコントロール・オプションに、LOG(CMDA)またはLOG(CMDS)を設定することで、AUDITファイルまたはSMFファイルにCA Top Secretコマンドのイメージをログ記録します。
 
TSSUTILユーティリティのDD名TSSINに「CLASS(O)」を指定すると、ログ記録された当該レコードが選択されます。
 
//TSSUTILA PROC PRINT='*',              /* SYSOUT O/P DESTINATION     */    
//              HL='CAI.TSS160'         /* HIGH LEVEL QUALIFIER       */
//*
//TSSUTIL  EXEC PGM=TSSUTIL 
//UTILOUT   DD SYSOUT=&PRINT 
//SMFIN     DD DISP=SHR,DSN=&HL..AUDIT 
//UTILIN    DD DDNAME=TSSIN       
//         PEND    
//* 
//REPORTS  EXEC TSSUTILA    
//TSSIN           DD       *  
REPORT EVENT(ALL) DATE(TODAY) CLASS(O) END       
/*

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002772

CA Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表