CA Top Secret:リソース所有権を定義するDEPARTMENT ACIDに許容のACIDサイズについて

book

Article ID: 187766

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

以下のFAQ文書より、対処方法としてはUNDERCUTキーワードを指定して、既に定義されているリソースの所有権を他のDEPARTMENT ACIDへ移動させることを説明しています。
これ以外の対処方法はありますか?
 

Environment

OS: z/OS

Resolution

TSSMAINTユーティリティを使用して、セキュリティ・ファイル(BDAMおよびVSAM)を作成する際、ORGACIDSIZEキーワードが新しく追加されました。
 
TYPE(DEPT)のDEPARTMENT ACIDを対象として、ORGACIDSIZEパラメータに拡張するACIDサイズを指定します。
ORGACIDSIZE=nnnn (nnnnには、513Kから1024Kまでの値を指定できます。)
 
TSSXTENDユーティリティを実行して、BACKUPセキュリティ・ファイル(BDAMおよびVSAM)からORGACIDSIZEキーワードを指定して新しく割り当てたセキュリティ・ファイル(BDAMおよびVSAM)にコピーした結果、
  • 全てのTYPE(DEPT)のDEPARTMENT ACIDに対して、自動的にサイズは拡張せず、現在のACIDサイズと同じままです。 
  • TYPE(DEPT)のDEPARTMENT ACIDの現在のACIDサイズを超えたとき、ORGACIDSIZEパラメータで指定したサイズまで拡張することが可能です。
ORGACIDSIZEパラメータの説明については、「Installing」の”Create the Security File”を参照してください。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002771

CA Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表