CA Top Secret:CONSOLE属性権限がないACIDによるTSS MODIFY STATUSコマンドの発行

book

Article ID: 187645

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

CONSOLE属性の権限がないACIDで、TSS MODIFY STATUSコマンドを発行すると、以下の権限エラーのTSSメッセージが出力されます。
 
TSS0203E  YOU ARE NOT AUTHORIZED FOR THIS TSS FUNCTION  
TSS0301I  MODIFY   FUNCTION FAILED, RETURN CODE =  4    

Environment

OS: z/OS

Resolution

CA Top Secret 16.0からは、ACIDにCONSOLE属性の権限を持っていなくても、CASECAUTリソースクラスのTSSCMD.ADMIN.MODIFYエンティティへのUSE権限を設定することで、TSS MODIFY STATUSコマンドを発行することが可能です。
 
TSS ADDTO(dept acid) CASECAUT(TSSCMD)  ※所有権を設定していない場合
TSS PERMIT(sca acid) CASECAUT(TSSCMD.ADMIN.MODIFY) ACCESS(USE)


また、CONSOLE属性の権限がないACIDで、TSS MODIFYコマンドによりコントロール・オプションの設定内容を変更するには、CASECAUTリソースクラスのTSSCMD.ADMIN.MODIFYエンティティへのPRIVILEG権限が必要です。
 
TSS PERMIT(sca acid) CASECAUT(TSSCMD.ADMIN.MODIFY) ACCESS(PRIVILEG)

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002768

CA Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表