CA Common Services : CCS r15.0でAW030APBのFMID:CFF6F00にてJVMJ9GC020E -Xms too large for heapのメッセージが出力されてAPPLYできません。

book

Article ID: 186863

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services CA Common Services for z/OS

Issue/Introduction

CCS r15.0を導入中、JOB:AW030APBを実行したところ以下のエラーでRC=12となりました。この問題を解決する方法を教えてください。

JOBLOGの最終ページのエラー

 Starting TOMCATSH script processing...
 Exploding all components of /cai/CASoftware/CCS150/CA/TOMCATJR using jar command
 JVMJ9GC020E -Xms too large for heap
 JVMJ9VM015W Initialization error for library j9gc29(2): Failed to initialize
 Error: Could not create the Java Virtual Machine.
 Error: A fatal exception has occurred. Program will exit.
 ** jar command failed with status 1
 Exiting TOMCATSH script with status 1

Environment

Release: 15.0
OS: z/OS

Resolution

メッセージ:JVMJ9GC020E -Xms too large for heaは、OMVS側の仮想メモリーの容量不足だと考えられます。
具体的には、SYS1.PARMLIB(BPXPRMxx)に指定されるMAXASSIZEが小さいためです。

CCS の導入時の推奨サイズは、MAXASSIZE=2147483647となっています。それ以下の場合は、2147483647へ設定してください。
なお、既にMAXASSIZE=2147483647設定されている場合には、各TSOユーザーのASSIZEMAXが2147483647になっているかご確認ください。

この情報は、下記英文FAQでも報告されております。

英文FAQ:Article id:76575

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002777

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表