CA Common Services : CAMODIDコマンド

book

Article ID: 134242

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS

Issue/Introduction

CAMODIDコマンドの使用方法と目的について教えてください。

Environment

Release : ALL
OS : z/OS

Resolution

CAMODIDコマンドはTSOコマンドとして使⽤可能であり、Common Storage ⼜は特定のロード・モジュール・ライブラリ内のロード・モジュールに含まれている
#MODIDブロックを検索して表⽰する事ができます。
#MODIDブロックにはロード・モジュールのエレメント(CSECT)毎のサービス・レベルを含む製品関連情報が格納されています。
このコマンドにより、特定のロード・モジュールに何らかのPTFが適⽤されているかどうか、⼜適⽤されている場合はエレメント毎に
⼀番最後に適⽤されたPTFの番号(RMID)を確認する事ができます。
コマンドのシンタックスはCAMODID HELPコマンドの出⼒を⾒る事で確認できます。CAMODIDはz/OS 1.10以上で使⽤可能です。
⼜、CA製品によってはロード・モジュールに #MODIDブロックが含まれていないケースがあり、
その場合CAMODIDでも情報が表⽰されません。CAMODIDはバッチ・ジョブやREXXを使って実⾏する事も可能です。
その他詳細は、Administrating のResource Initialization ManagerのHow to use CAMODIDに記述されております。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC000062

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表