CA Common Services : paxファイルをUSSディレクトリ上で解凍するジョブが動作しません

book

Article ID: 134239

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

CA Common Services for z/OSの導入作業用pax.zファイルをUSSディレクトリ上でUNPAXするバッチジョブが正常に動作せず、ファイルを解凍できません。
BASEコンポーネント⽤のpaxファイルを解凍したのですが、⽣成されたUNZIPJCLメンバーは下記のようにBASEコンポーネントでなく
OPTIONALコンポーネントのデータセットを作成する内容になっています。

<ARCHDEF archid="CAI.SAMPJCL" newname="yourHLQ.OPTIONAL.SAMPJCL"

Environment

Release : ALL
OS : z/OS

Resolution

これはBASEとOPTIONALのpaxファイルを同じディレクトリに置いて、BASEのpaxファイルを解凍後にOPTIONALのpaxファイルを解凍したことが原因と考えられます。
予め個別のディレクトリを準備して、各々のpaxファイルを 解凍するようにして下さい。
以下の導⼊ガイドでの記載は、各paxファイル毎に個別のディレクトリを作成しないと、2個⽬以降のpaxファイルを解凍する度に
同様のファイルが上書きされる事を⽰しています。

<ご参考 : CA Common Services r14.1 Installation Guide
「製品のpaxファイルを製品のインストールディレクトリに解凍するには、Unpackage.txtとして、このPDFファイルに添付されているサンプルジョブを使⽤します。
CCSのコンポーネントは4つのpaxファイルを使⽤してパッケージ化されているので、必要なpaxファイルすべてに今すぐこの⼿順を実⾏する⽅が、
後でこの⼿順に戻るよりも簡単かもしれません。paxファイルごとに個別のディレクトリを作成する必要があります。」
つまり、各paxファイル毎に個別のディレクトリを作成しないと、2個⽬以降のpaxファイルを 解凍する度に同様のファイルが上書きされる事になります。

下記は正しくディレクトリが作成されている例です。

/cai/ESD/CCS/R141/ 

_ Dir 777 rwxrwxrwx 8192 BASE  
_ Dir 777 rwxrwxrwx 8192 LEGACY  
_ Dir 777 rwxrwxrwx 8192 MFNSM
_ Dir 777 rwxrwxrwx 8192 OPTIONAL 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC000060

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表