CA Common Services : UNIZIPJCL実⾏時のJAVA稼働

book

Article ID: 134209

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

CA Common Services for z/OSをアップグレードしています。
導入用のPax.ZファイルをUSS環境へアップロードした後の手順で、UNIZIPJCLジョブを実⾏する手順がありますが、
このジョブを実⾏するためには、JAVAが稼働している必要がありますか?

Environment

Release : ALL
OS : z/OS

Resolution

UNZIPJCL処理はJAVA環境の稼働有無には依存しません。
さて、UNZIPJCLのデフォルトのGIMUNZIP パラメータは"HASH=YES"になっています。
このGIMUNZIP パラメータが"HASH=YES"に設定されている場合には、SHA-1 hashをチェックするために
Java ランタイム ディレクトリが参照できるようになっている必要があります。
Javaランタイムディレクトリが不明な場合には、このGIMUNZIP パラメータを'HASH=NO'に変更して
ICSFの検査をバイパスしてください。
('HASH=NO'にしてICSFの検査をバイパスしても、CA Common Servicesの導⼊処理上は、特に問題はありません。 )

<設定例>
  //STEP1 EXEC PGM=GIMUNZIP,REGION=0M,PARM='HASH=NO'

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC000054

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表