CA Common Services : CAS9608I メッセージへの対応

book

Article ID: 134135

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

CAICCIコンポーネントを稼動させるためにENFを起動したところ、以下のメッセージが出⼒されました。 対応方法について教えてください。 

 CAS9608I - CAICCI Subsystem is not operational

Environment

Release : ALL
OS : z/OS

Resolution

下記はCAICCIコンポーネントを導⼊する際の基本的⼿順です。
CAICCIは、ENFが既に稼動している事を前提としていますので、必要であれば先にENFコンポーネントを導⼊して下さい。

1. CAICCIコンポーネント⽤のFMIDを導⼊します。
2. CAICCI⽤のDCM(CAS9DCM3)をENFDBに定義します。CAS9DBユーティリティでINSTコントロール・オプションを指定する事でこれを⾏います。
3. ENFプロシージャのOPTLIB DDに指定されるCCIPARMSメンバにおいて、少なくとも下記のステートメントが含まれるよう更新します。

 SYSID(nnnnnnnn) /* any 1-8 character unique name */

4. ENFプロシージャにおいて置換⽂字CCIPARMのコメントを外します。更に、その置換⽂字が含まれる
 DD名、ENFPARMSにおいてコンカチされているDDステートメントのコメントも外します。

 //ENF PROC STEPLIB='CAI.CAILIB',
 //        OPTLIB='CAI.PPOPTION',
 //        DBDSN='CAI.ENFDB',
 //        ENFPARM=ENFPARM,
 //*       CCIPARM=CCIPARM,                        <===コメント外す
 //*       SPNPARM=SPNPARM,
 //        ENFCMDS=ENFCMDS,
 //        OUTC='*'
 //ENFPARMS DD DISP=SHR,DSN=&OPTLIB(&ENFPARM)
 //*        DD DISP=SHR,DSN=&OPTLIB(&CCIPARM)      <===コメント外す
 //*SPNPARMS DD DISP=SHR,DSN=&OPTLIB(&SPNPARM)
 //ENFCMDS DD DISP=SHR,DSN=&OPTLIB(&ENFCMDS)

5. ENFを(再)起動し、CAICCIを初期化します。全て正しく設定されていれば、以下のメッセージが出⼒されます。

 CAS9626I CAICCI Subsystem is Operational 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC000040

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表