CA Common Services : EKGキーのコマンドでの動的反映方法

book

Article ID: 134103

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

EKGキーをPPOPTION(CAW0OPTN)のKEYSを修正することなく、動的にシステムに反映することは可能ですか?

Environment

Release:r14.0,r14.1,r15.0
OS: z/OS

Resolution

 CAS9スタート時に以下のように⼊⼒いただくことでKEYSメンバーを編集することなくEKGキーを反映することが可能です。 

1. コンソールより、S CAS9,,,EKGP を⼊⼒し、CAS9を実⾏

2. 以下のメッセージが出⼒されるので、リプライに直接EKGキーを⼊⼒する (nn,xxxxxxxx)

     CAS9117A - ENTER EKG DEVICE CODE OR CANCEL TO ABORT

3. 以下のメッセージが出⼒され、⼊⼒したEKGキーが受け付けられたことを確認する。

    CAS9116I - EKG DEVICE CODE ACCEPTED. EKG ACTIVATED ON: mmm dd, yyyy G.M.T.

※この機能は、CA Common Services r11.0以降で利用可能です。MSP版、VOS3版にはこの機能はありません。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC0000032

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表