CA Common Services : LMPキーをシステムから削除する方法について

book

Article ID: 133914

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

CA製品の一部の利用を停止する予定ですが、どのようにすればLMPキーの情報をシステムから削除できますか?

Environment

Release:ALL
OS: z/OS,MSP,VOS3

Resolution

LMPキーはオペレーティング・システムが停⽌するまでCSA内に保持されます。
LMPキーをシステムから削除するには、オペレーティング・システムの IPLを必要とします。 

次の⼿順を実施して、LMPキーの情報をシステムから削除して下さい。

1. CAS9のKEYSファイルから該当製品のLMPキーを削除。
2. オペレーティング・システムのIPLを実施。 

※CA Common Services v14.0以降(z/OS環境のみ)のリリースの場合には、DELETEパラメータを使用することでLMPキーの動的削除が可能です。

サンプルJCL:

----+----1----+----2----+----3----+----4----+----5----+----6----+----7--
//CAIRIM   EXEC PGM=CAIRIM                                              
//AUTOCMDS DD  DUMMY                                                  
//PARMLIB  DD  DUMMY                                                  
//KEYS     DD  *                                                      
SITEID(00000000) SITECODE(XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX)                       -
NAME(Broadcom)                                
*                                                                      
Prod(J6) Date(31MAR27) CPU(*SITE*-/00000000) LMPCODE(xxxxxxxxxxxxxxxxx) -
DELETE                                                                
//
実行時のサンプルログ:
CAS9115I - INPUT: PROD(J6) DATE(31MAR27) CPU(*SITE*-/00000000) LMPCODE(*******  
CAS9115I - INPUT: DELETE                                                      
CAS9191I - PRODUCT (J6) KEY REMOVED FROM THIS CPU        
実行結果よりCAS9191IメッセージよりREMOVEのメッセージをご確認ください。


Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC000035

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表