search cancel

Endpoint Protection for mac 14.3 RU5 管理外クライアントでプロキシ使用時に "LiveUpdate 接続エラー" が発生する

book

Article ID: 256167

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

プロキシを使用する環境で Symantec Endpoint Protection (SEP) for mac 14.3 RU5 管理外クライアントにアップグレードまたは新規インストールしたが、"LiveUpdate 接続エラー" が表示され、定義ファイルを更新できない。

Environment

  • SEP for mac 14.3 RU5 管理外クライアント
  • インターネット接続にプロキシが必要な環境

Cause

14.3 RU5 以前では、LiveUpdate は最初に https://liveupdate.symantec.com にアクセスしようとしますが、LiveUpdate は OS の HTTPS プロキシの使用を現時点でサポートしていないため失敗します。次に、LiveUpdate は OS の HTTP プロキシを使用して http://liveupdate.symantec.com にアクセスしようとし、成功します。

14.3 RU5 では、LiveUpdate は https://liveupdate.symantec.com にのみアクセスしようとするため、LiveUpdate が成功しません。

Resolution

弊社ではこの問題を認識しており、解決策が利用可能になり次第、この文書を更新します。

回避策: 

ターミナルで下記のコマンドを実行した後に、LiveUpdate を実行してください。

sudo cp /Library/Application\ Support/Symantec/Silo/MES/LiveUpdate/Backup/Init/datastore/luxds.dat /Library/Application\ Support/Symantec/Silo/MES/LiveUpdate/datastore/luxds.dat

Additional Information

CRE-12570

 

[英語文書] "LiveUpdate Connection Error" on unmanaged SEP for mac 14.3 RU5 client when proxy is in use

Attachments