search cancel

製品稼働にて使用するCICS Global User Exitを教えてください

book

Article ID: 255906

calendar_today

Updated On:

Products

InterTest - CICS SymDump for CICS

Issue/Introduction

InterTest for CICSとSymDump for CICSでは、プログラムのモニタリング、ダンプ取得に、どのようなCICS Global User Exitを使用するのですか?

Environment

InterTest for CICS 11.0
SymDump for CICS 11.0

Resolution

InterTest for CICSとSymDump for CICSで使用するCICS Global User Exitは、それぞれ以下の通りです。

  • XPCFTCHとXPCTA
    • CNTL=START 、CNTL=ENDコマンドとモニタリング制御

  • XDUREQ
    • トランザクションダンプの出力抑止・取得
  • XMEOUT
    • アベンドメッセージの出力抑止

  •  XRMIOUT
    • CORE=LASTSQLコマンド用。全てのDB2 CALLの情報を収集。

      当EXITによる収集はシステムパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、
      IN25OPTSパラメータの「XRMIO=YES/NO」にて、当EXIT使用の有無を制御できます。

      デフォルトは「XRMIO=YES」です。   

      当パラメータについては以下をご参照ください。
      IN25OPTS XRMIOパラメータについて

  •  XLDLOAD
    •  DWARF形式プログラムのNEW COPYサポート (11.0以降)

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003142

InterTest/SymDumpのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

InterTest/SymDump FAQ一覧表