ALERT: Some images may not load properly within the Knowledge Base Article. If you see a broken image, please right-click and select 'Open image in a new tab'. We apologize for this inconvenience.

ADScan.exe プロセスについて

book

Article ID: 239159

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Security Complete

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Security (SES) Complete の ADScan.exe プロセスの目的とクライアントでの実行頻度について知りたい。

Environment

SES 14.3 RU4

Resolution

ADScan.exe プロセスは、14.3 RU4 のアプリケーション強化にあるアプリケーション検出機能のコンポーネントです。アプリケーション強化は、エンドポイント上の攻撃表面を減少させるために使用される動作エンジンです。強化エンジンは、エンドポイント上で実行が許可されるプロセスを制御するアプリケーション制御機能を備えています。

  • ADScan プロセスは、エンドポイント上のアプリケーションとバイナリファイルのスキャンを実行します。 
  • ADScan プロセスは Symantec Endpoint Foundation (SEF) によって起動されます。AD エンジンは、スケジュールされたスキャン、およびアプリケーション検出の検索コマンドのためにアプリケーション検出データを取得するために起動します。
  • スキャンのために起動すると ADScan はスキャンを実行し、ローカルデータベースを更新し、完全および差分のアプリケーション検出結果ファイルを生成します。
  • ADScan プロセスは、コマンドラインから受け取った scanner.ini ファイルからスキャン設定を受け取ります。
  • App Discovery の検索要求でも ADScan.exe が生成されます。 
     

デバイス上のファイルなどの検出頻度: 

  • 完全ディスクスキャン - 非システムドライブ: 月 1 回 (毎月 20 日)
  • 完全ディスクスキャン - システムドライブ: 月 1 回(毎月 10 日)
  • よく知られた場所のスキャン: 1 日 1 回 (毎日午前 3 時)

Additional Information

[英語文書] What is the ADScan.exe process in SES