search cancel

SEP クライアントのインストール失敗時のトラブルシューティングに必要なログ

book

Article ID: 230086

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Protection (SEP) 14.x のクライアントインストールが失敗した際のトラブルシューティングに必要なログを知りたい。

Environment

SEP 14.x

Resolution

SEP のインストールではまず Microsoft Installer (MSI) が実行され、次に Symantec Installer Server (SIS) が実行されます。

入手する主なファイル

ファイルシステム上の %temp% または %systemroot%\temp に以下のファイルがあります。

  • SEP_INST.log (MSI ログ)
  • ROLLBACK.log (アップグレード時にロールバックした場合)

C:\ProgramData\Symantec\Symantec Endpoint Protection\14.X.XXX.XXXX\Data\Install\Logs に以下のファイルがあります。

  • SIS_INST.log (Symantec Installer Log)
  • RORU.log (旧バージョンのアンインストールログ)

新規インストール時のロールバックについては、SEP_INST.log と SIS_INST.log を確認してください。

  • SEP_INST.log で失敗した場合は [戻り値 3] を検索してください。
  • SIS_INST.log の失敗については、"failed to execute" "returning non-success" "ACTION_FAILED " を検索してください。

その他の取得ファイル

%Program Files%\Symantec\Symantec Endpoint Protection\<バージョン番号>\Scripts に以下のファイルがあります。

  • 全てのファイル (インストールスクリプト、ロールバックスクリプトなど)

%AllUsersProfile%\Application Data\Symantec\Symantec Endpoint Protection\<latest-version>\Data\Scripts\ に以下のファイルがあります。

  • すべてのファイル(インストールスクリプト、ロールバックスクリプトなど)

追加のログ

  • SETUPAPI.LOG

注: このログは以前は C:\Windows にありましたが現在は C:\Windows\INF にあります。
Setupapi.log ファイルには Teefer (SEP のファイアウォール機能のドライバ) に関する情報が含まれており、Teefer のロードに失敗した場合に問題が明らかになる場合があります。Teefer はハードウェアドライバーのひとつです。

SymDiag を実行すると、これらのファイルのほとんどを自動的に収集することができますが、環境要因などにより SymDiag による自動収集に失敗する可能性もありますので、手動で収集、ご提供いただくこともご検討ください。

Additional Information

[英語文書] Required logs for troubleshooting failed Endpoint Protection 14.x client installations