Email Security.cloud 再試行通知スケジュールの変更

book

Article ID: 223470

calendar_today

Updated On:

Products

Email Security.cloud

Issue/Introduction

最初のメール送信試行で配信できない電子メールの再試行通知スケジュールとトータルの再試行時間を変更したいとします。

デフォルトでは、Email Security.cloudサービスは再試行通知を送信せず、7日間の再試行後にメールは失敗します。 再試行スケジュールを再構成して、メールが遅延していることを示す再試行通知を送信したり、電子メールが最終的に失敗するまでの時間を調整したりできます。

実際の再試行スケジュールは調整できませんのでご注意ください。 再試行スケジュールは、次の記事に記載されています:EmailSecurity.cloudでの再試行間隔

Resolution

ClientNetポータルにログインし、[ダッシュボード] > [サービス] > [電子メールサービス] > [プラットフォーム]に移動します。

ここには、「配信状態の通知」という見出しがあります。 これをクリックすると、以下の画面が表示されます。

 

上記の例では、エントリが空白であり、メールが7日後に返送されるように設定されていることに注意してください。これはデフォルト設定であり、このスケジュールはここに示されています:EmailSecurity.cloudでの再試行間隔

また、通知スケジュールは受信メールと送信メールの両方に分かれているため、これらを個別にカスタマイズできることに注意してください。

テキストボックスに、通知を送信する時間をカンマで区切って入力する必要があります。最大50件の通知を送信できます。

デフォルトの7日間の配信の再試行を希望しない場合は、ドロップダウンを使用し、x日(最大8)および x時間後にメールをバウンスすることを選択して、最後の配信を試行するタイミングをここで指定できます。

*また、右上隅で、これをグローバルレベルまたはドメインレベルごとに調整できることにも注意してください。

注:メールサーバーのダウンタイムや再試行通知の頻度など、再試行スケジュールの変更による潜在的な影響を必ず考慮してください。

Attachments