[誤検知の提出] 実施後の状況確認方法

book

Article ID: 221537

calendar_today

Updated On:

Products

Email Security.cloud

Issue/Introduction

How to see the status of the investigation a spam sample as a false positive is submitted. Submissions are completed using the Submit False Positive page in the ClientNet portal.

誤検知として提出したスパムサンプルの調査ステータスを確認する方法を示します。ClientNet ポータルの [誤検知の提出] ページを使用して完了しています。

Resolution

提出されたサンプルのステータスを表示するには、ClientNetポータルに移動し、[ツール]> [Email Submission] に移動します。誤検知のスパムサンプルを提出する方法については、Article ID: 173867 を参照してください。次の画面が表示されます。

*注意:この画面の表示にはユーザーアカウントに 「チケットの発行」権限が必要です。

[提出した誤検知] をクリックすると以下のような画面が表示されます。

このページでは以下の詳細が表示されます。

  • サンプルの提出者
  • サンプルの提出 ID (Submission ID)
  • 提出された時刻
  • 提出されたサンプルのファイル名
  • 現在のサンプルの調査ステータス

[提出日] ドロップダウンリストを使用してデータをフィルタリングし、特定の曜日または日付に送信されたサンプルを表示できます。オプションは次のとおりです。

  • 今日
  • 昨日
  • 7日間
  • 今月
  • 指定日

[検索] テキストボックスを使用して結果をフィルタリングし、特定のサンプルを見つけることができます。必要に応じて、送信者名、提出ID、またはサンプルファイル名を使用して、この検索フィールドでサンプルを検索します。

このページには、提出されたサンプルの調査の状態に応じて、3つのステータスのいずれかが表示されます。

  • 保留
    サンプルの調査は未完了
  • 完了 - 検知は修正されません
    調査が完了しました。提出されたサンプルはスパムの特性を満たしているため検出は変更されません。
  • 完了 - 検知は修正されました
    調査は完了しまた。提出されたサンプルはスパムの特性を満たしていません。このメールが捕捉されないように検出が修正されました。

メール通知
以下は、調査用のサンプルを送信後に送信された、no_reply @ symantec.com から送信された承認メールのサンプルです。

調査が完了すると、次の例のように調査の結果を記載した別の電子メールが送信されます。

サポートへのお問合せ

提出されたサンプルおよび結果に関する事項についてサポートに連絡する際は、提出IDとサンプルIDの両方を必ず含めてください。サンプル ID は電子メール通知にのみ記載されています。

Attachments