ALERT: Some images may not load properly within the Knowledge Base Article. If you see a broken image, please right-click and select 'Open image in a new tab'. We apologize for this inconvenience.

CA Common Services : 新しいLMPキーを設定後、CAS9012A/CAS9013Aメッセージが表示される

book

Article ID: 199003

calendar_today

Updated On:

Products

COMMON SERVICES FOR Z/OS Common Services

Issue/Introduction

有効期限のある新しいLMPキーを設定後、IPL実施してCA製品を使用したら、CAS9012A/CAS9013Aメッセージが
コンソールに出力されるようになりました。

CAS9012A    00003 KEY WARNINGS/VIOLATIONS ON CPU xxxxx                   
CAS9013A    PRODUCT L0 ABOUT TO EXPIRE OR IS EXPIRED AND IS IN USE        
CAS9013A    PRODUCT L2 ABOUT TO EXPIRE OR IS EXPIRED AND IS IN USE        
CAS9013A    PRODUCT L7 ABOUT TO EXPIRE OR IS EXPIRED AND IS IN USE        


KEYSメンバーの内容:

SITEID(00111111) SITECODE(nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn) NAME(BROADCOMINC)             
PROD(AA) Date(26JAN22) CPU(SITE-****/00111111) LMPCODE(XXXXXXXXXXXXXXXX)       
PROD(BB) Date(26JAN22) CPU(SITE-****/00111111) LMPCODE(XXXXXXXXXXXXXXXX)       
PROD(CC) Date(26JAN22) CPU(SITE-****/00111111) LMPCODE(XXXXXXXXXXXXXXXX)       
* ADD NEW LMPKEY
SITEID(00222222) SITECODE(nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn) NAME(CA)                     
PROD(L0) Date(26JAN24) CPU(SITE-****/00222222) LMPCODE(XXXXXXXXXXXXXXXX)   
PROD(L2) Date(26JAN24) CPU(SITE-****/00222222) LMPCODE(XXXXXXXXXXXXXXXX)   
PROD(L7) Date(26JAN24) CPU(SITE-****/00222222) LMPCODE(XXXXXXXXXXXXXXXX)   

今回新たに追加したLMPキーは、SITEID(00222222)の分です。

メッセージの内容から対象製品のLMPキーの有効期限が切れているように思いますが、
なぜ、新しいLMPキーは有効にならないのでしょうか?

Cause

今回の問題の原因は、KEYSメンバに異なる2つSITEIDの付いたキーを設定しているためです。
これは、CCSの仕様で複数SITEIDタイプLMPキーを同一のKEYSメンバに指定することができないことによります。

問題の判別方法として、CAS9処理実行時のシスログもしくはCAS9処理のジョブログをご確認ください。

CAS9処理のジョブログの抜粋
CAS9115I - INPUT: * ADD NEW LMPKEY
CAS9115I - INPUT: SITEID(00222222) SITECODE(nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn) NAME(CA)                     
CAS9125E - INVALID DATA: SITEID STATEMENT MUST BE FIRST IN KEYS DD             
CAS9115I - INPUT: PROD(L0) Date(26JAN24) CPU(SITE-****/00222222) LMPCODE(******* 
CAS9125E - INVALID DATA: KEY TAMPERING DETECTED OR TRANSCRIPTION ERROR         
CAS9115I - INPUT: PROD(L2) Date(26JAN24) CPU(SITE-****/00222222) LMPCODE(******* 
CAS9125E - INVALID DATA: KEY TAMPERING DETECTED OR TRANSCRIPTION ERROR         
CAS9115I - INPUT: PROD(L7) Date(26JAN24) CPU(SITE-****/00222222) LMPCODE(******* 
CAS9125E - INVALID DATA: KEY TAMPERING DETECTED OR TRANSCRIPTION ERROR       

上記のようにCAS9125E - INVALID DATA: SITEID STATEMENT MUST・・・のようなメッセージが
出力されている場合には、KEYSメンバの設定の問題となります。

Environment

Release: ALL
OS: z/OS

Resolution

暫定対応:
CAS9012A,CAS9013Aの発行されている製品に関しては、LMPキーが正常にロードされていない状態です。
このため、今回エラーなっているLMPキーのみ以下のJCLサンプルに指定して、システムにLMPキーをロード
してください。

サンプルJCL

//CAIRIM   EXEC PGM=CAIRIM                                              
//STEPLIB  DD  DISP=SHR,DSN=CCS390.R15.CAW0LOAD    <== お客様のCAS9で指定しているロードモジュール名を指定                 
//AUTOCMDS DD  DUMMY                                                    
//PARMLIB  DD  DUMMY                                                    
//KEYS     DD  *                                                        
SITEID(00222222) SITECODE(nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn) NAME(CA)                     
PROD(L0) Date(26JAN24) CPU(SITE-****/00222222) LMPCODE(XXXXXXXXXXXXXXXX)   
PROD(L2) Date(26JAN24) CPU(SITE-****/00222222) LMPCODE(XXXXXXXXXXXXXXXX)   
PROD(L7) Date(26JAN24) CPU(SITE-****/00222222) LMPCODE(XXXXXXXXXXXXXXXX)   
//

本格対応:
異なるSITEIDの付いたキーを別のKEYSメンバを作成します。
そしてCAS9のプロシジャも同様に別KEYSメンバを読み込むSTEPをJCLに追加します。
詳細な手順に関しては、ナレッジドキュメント: JTEC002764の内容確認の上実施して
ください。

この対応は、次回のCAS9処理が実行されるまでに実施する必要があります。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002931

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表