CA Top Secret:UNDERCUT NOPERMITを使用して所有権の移動

book

Article ID: 198591

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

所有権の移動において、以下のTSSコマンドを発行するときに使用するNOPERMITパラメータは、何を意味していますか?

 TSS ADDTO(acid) resource(prefix) UNDERCUT NOPERMIT

Environment

z/OS

Resolution

リソースの前の所有者に完全アクセスを許可しない場合には、NOPERMITパラメータを使用します。
通常、所有権はデパートメントACID(TYPE(DEPT))に設定しますが、ユーザーACID(TYPE(USER))に設定している場合は、UNDERCUTを使用してリソースの所有権を移動すると、前の所有者に暗黙的にPERMIT許可が付与されます。

例えば、ユーザーAには、端末TSON0001の所有権を割当てている場合、以下の順序で確認ができます。
1. 端末TSON0001の所有権を移動する前の所有者:ユーザーAの定義内容を確認します。

 TSS LIST(userA) DATA(ALL)  
  TYPE       = USER
    ............
   TERMINAL   = TSON0001  

2. NOPERMITを使用せず、UNDERCUTのみを使用して端末TSON0001の所有権をユーザーBに移動します。

 TSS ADDTO(userB) TERMINAL(TSON0001) UNDERCUT 

3. 端末TSON0001の所有権を移動後の前の所有者:ユーザーAの定義内容は、端末TSON0001へのPERMIT許可を暗黙的に適用していることが確認できます。

 TSS LIST(userA) DATA(ALL)  
  TYPE       = USER
    ............
   XA TERMINAL= TSON0001             OWNER(userB ) 

4. したがって、前の所有者:ユーザーAに完全アクセスを許可しない場合には、NOPERMITパラメータを使用することで、端末TSON0001へのPERMIT許可を保持しません。

 TSS ADDTO(userB) TERMINAL(TSON0001) UNDERCUT NOPERMIT 

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002873

CA Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表