CA Top Secret:データセットの高レベル修飾子(HLQ)に対する使用権許可の変更方法について

book

Article ID: 198403

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

ある製品のシステムデータセットの高レベル修飾子(HLQ)を変更することになりました。
現在、たくさんの使用権許可している該当システムデータセットの高レベル修飾子(HLQ)を削除して、新たな高レベル修飾子(HLQ)で使用権許可する簡単な方法はありますか?

例えば、プロファイルACID:SYSPROFには、SYSTEM01.PRODV120.の高レベル修飾子(HLQ)で使用権許可しています。
これをSYSTEM01.PROD.の高レベル修飾子(HLQ)に変更して使用権許可したいです。

(TSS LISTコマンド結果)
 TSS LIST(SYSPROF) DATA(ALL)
  ...... 
 XA DATASET = SYSTEM01.PRODV120.AAAAAAAA                       OWNER(SYSDEPT)  
  ACCESS  = READ                                                            
 XA DATASET = SYSTEM01.PRODV120.BBBBBBBB                       OWNER(SYSDEPT)  
  ACCESS  = UPDATE                                                            
 XA DATASET = SYSTEM01.PRODV120.CCCCCCCC                       OWNER(SYSDEPT)  
  ACCESS  = NONE                                                            
  ......

Environment

z/OS

Resolution

以下の手順により確認してください。

1. プロファイルACID:SYSPROFに対して、ARCHIVE INTOキーワードを指定したTSS LISTコマンドを2つ実行します。

//STEP1   EXEC PGM=IKJEFT01                                                 
//SYSTSPRT     DD SYSOUT=*                                                  
//SYSTSIN      DD *                                                         
 TSS LIS(SYSPROF) ARCHIVE INTO(your pds dataset(#DSNDEL))      
 TSS LIS(SYSPROF) ARCHIVE INTO(your pds dataset(#DSNNEW))      
//                                                       

2. 作成された#DSNDELと#DSNNEWメンバ内容について、それぞれ既存のシステムデータセットの高レベル修飾子(HLQ)の使用権許可した定義箇所のみを対象とし、残りの定義箇所は削除します。

(編集対象の使用権許可の定義箇所)
TSS PERMIT(SYSPROF) DSNAME(SYSTEM01.PRODV120.AAAAAAAA) ACCESS(READ)  
TSS PERMIT(SYSPROF) DSNAME(SYSTEM01.PRODV120.BBBBBBBB) ACCESS(UPDATE)  
TSS PERMIT(SYSPROF) DSNAME(SYSTEM01.PRODV120.CCCCCCCC) ACCESS(NONE)  

3. #DSNDELメンバ内容より、TSS REVOKEコマンドに編集して保存します。

(編集内容)
TSS REVOKE(SYSPROF) DSNAME(SYSTEM01.PRODV120.AAAAAAAA) ACCESS(READ)  
TSS REVOKE(SYSPROF) DSNAME(SYSTEM01.PRODV120.BBBBBBBB) ACCESS(UPDATE)  
TSS REVOKE(SYSPROF) DSNAME(SYSTEM01.PRODV120.CCCCCCCC) ACCESS(NONE)  

4. #DSNNEWメンバ内容より、DSNAMEキーワードに新たなシステムデータセットの高レベル修飾子(HLQ)に編集して保存します。                   

(編集内容)
TSS PERMIT(SYSPROF) DSNAME(SYSTEM01.PROD.AAAAAAAA) ACCESS(READ)   
TSS PERMIT(SYSPROF) DSNAME(SYSTEM01.PROD.BBBBBBBB) ACCESS(UPDATE)   
TSS PERMIT(SYSPROF) DSNAME(SYSTEM01.PROD.CCCCCCCC) ACCESS(NONE)   

5. 編集後の#DSNDELと#DSNNEWメンバ内容を指定して、TSSコマンドを実行します。

//STEP1   EXEC PGM=IKJEFT01                                                 
//SYSTSPRT     DD SYSOUT=*                                                  
//SYSTSIN      DD DISP=SHR,DSN=your pds dataset(#DSNDEL)
//             DD DISP=SHR,DSN=your pds dataset(#DSNNEW)
//