CA Common Services:SYS1.PARMLIB(DIAGnn)でVSM ALLOWUSERKEYCSA(NO)指定時の影響

book

Article ID: 197004

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

z/OS 2.1からz/OS 2.3へアップグレードを計画しています。
現在、z/OS 2.1でSYS1.PARMLIB(DIAGnn)にてVSM ALLOWUSERKEYCSA(YES)を指定しておりますが、
z/OS2.3ではVSM ALLOWUSERKEYCSA(NO)に変更予定です。

この変更に伴って、CA Common servicesに何か影響はありますか?

Environment

Release : r15.0,r14.1
OS : z/OS

Resolution

CA Common servicesはVSM ALLOWUSERKEYCSA(NO)へ変更の影響はありません。

英文ナレッジ:Article Id: 100512

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002899

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表