CA Top Secret:TSS1366Wメッセージが出力されたときの対応について

book

Article ID: 192322

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

CA Top Secretの稼働をログ監視していると、以下のTSS1366Wメッセージが出力されました。
もし、インデックス領域が100%になった場合、何が起こるのでしょうか?
 TSS1366W SECCACHE Index area is 90% full

Environment

OS: z/OS

Resolution

SECCACHEのデータ領域とインデックス領域の両方について、閾値の警告レベルを設定できます。
データ領域またはインデックス領域のいずれかで警告レベルに達したとき、SECCACHE初期化時に設定したキャッシュ・レコードの有効期限間隔を使用してスペースを回復するために自動クリアを試みますが、十分なスペースを回復できない場合、TSS1366Wメッセージがオペレータ・コンソールに送信されます。
 TSS1366W SECCACHE Data|Index area is nnn% full

そして、以下のいずれかの状態になるまで、コンソールにTSS1366Wメッセージが留まります。
・データ領域またはインデックス領域に対して、十分なスペースを回復できるまで。
・SECCACHE(キャッシュ)が非アクティブ化されるまで。
・CA Top Secretのアドレススペースが終了するまで。

データ領域またはインデックス領域が100%になった場合:
サインオン処理において、キャッシュ・レコードのGETプロセスが失敗すると、自動的にSECCACHEを使用しない通常のプロセスがデフォルト設定となり、サインオン処理が行われます。
したがって、アクセス制御の処理には影響しません。

Additional Information

上述のSECCACHEコントロール・オプションにおいて、”閾値の警告レベル”や”キャッシュ・レコードの有効期限間隔”などの詳細については、「Using」の”SECCACHE-Provide a Security Record Cache”を参照してください。