CA Top Secret:CACHEサイズの見積りについて

book

Article ID: 192120

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

CACHEコントロール・オプションに指定するサイズの見積り方法について教えてください。
 CACHE(nnnn)

Environment

OS: z/OS

Resolution

CACHEは、CA Top Secretのアドレス・スペースの拡張域に展開されます。
CACHEを使うことで、一度利用されたレコード情報をストレージ上に展開して再利用することができます。これにより、セキュリティ・ファイルへのI/Oを減らし、CA Top Secret及びシステムのパフォーマンスを向上させることができます。

TSSFARユーティリティにおいてSFSTATSパラメータを指定すると、以下の出力例よりCACHEサイズの推奨値を確認できます。
もし、z/OSの制約により要求されたCACHEサイズが、推奨値のCACHEサイズで満たされない場合は、CA Top Secretのリージョン・サイズを増やすことを推奨します。

○ TSSFARユーティリティの出力例
 Version of the secfile -  5.2                
 TSS version when secfile was created - 16.0  
                                             
 Recommended TSS cache size:           139K  

CACHEの使用状況については、TSS MODI CACHE(STATUS) コマンドにより確認できます。
表示項目の詳細も含め、CACHEコントロール・オプションの詳細については、「Using」の”CACHE—Reserve Memory”を参照してください。

Additional Information

TSSFARユーティリティの実行JCLのサンプル

 //job
 //FAR      EXEC PGM=TSSFAR,REGION=0M                      
 //SECFILE  DD   DSN=top.secret.backup,DISP=SHR            
 //SYSPRINT DD   SYSOUT=*                                  
 //INPUT    DD   *                                         
    KEY=C1C1C1C1C1C1C1C1 ← セキュリティ・ファイルの暗号キー
    SFSTATS                                                
 /*