CA OPS/MVS : ユーザIDごとにOPSLOG画⾯で発⾏するコマンドを制御できますか?

book

Article ID: 141965

calendar_today

Updated On:

Products

CA OPS/MVS Event Management & Automation

Issue/Introduction

OPSLOG画⾯で発⾏するコマンドをユーザIDごとに制御することは可能ですか?

Environment

Release : ALL

OS : z/OS

Resolution

標準の機能ではCA OPS/MVSのOPSLOG画⾯で発⾏するコマンドをユーザIDごとに設定することはできませんが、
以下サンプルのように、予め)CMDルール内に必要なユーザIDと対象コマンドを⼀式記述しておくことで、あらかじめ設定されたユーザごとに制御が可能です。

<ご参考:サンプルRule>
)CMD CANCEL
)PROC
IF CMD.USERID = 'TSOUSR01' THEN DO
 IF CMD.TEXT = 'C U=TSOUSR02' THEN DO
   ADDRESS OPER CANCEL U=ACCEPT
   RETURN ACCEPT
 END
 IF CMD.TEXT = 'C U=TSOUSR03' THEN DO
   SAY 'User not authorized command rejected'
   RETURN SUPPRESS
 END
END
IF CMD.USERID = 'TSOUSR0A' THEN DO
  SAY 'This user isn’t authorized to issue commands on console'
  RETURN SUPPRESS
END
IF CMD.USERID = 'TSOUSR0B' THEN DO
  SAY 'This user isn’t authorized to issue commands on console'
  RETURN SUPPRESS
END
EXIT

※サンプルルールですので、ご利⽤にあたりましては⼗分な動作確認をお願いします。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000827

CA OPS/MVS IIのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002336 : CA OPS/MVS II FAQ一覧表