ALERT: Some images may not load properly within the Knowledge Base Article. If you see a broken image, please right-click and select 'Open image in a new tab'. We apologize for this inconvenience.

CA Top Secret:既存ACIDをモデルに使用権も含め他のACIDにコピーする方法

book

Article ID: 140994

calendar_today

Updated On:

Products

Top Secret

Issue/Introduction

既存のユーザACIDのデータを、使用権も含め新規のACIDにコピーしたいです。

既存のACIDをモデルにTSS CRETEコマンドで新しいACIDを作成する時に、USINGキーワードを指定すると使用権はコピーされない事は分かっていますが、他に使用権をコピーできる方法はないでしょうか?

Environment

OS: z/OS

Resolution

TSS LIST及びDELETEコマンドにて、ARCHIVEキーワードを使用することで、ACIDのデータを使用権を含めTSSコマンドの形でアーカイブする事ができます。

TSS LIS(IBMUSER) ARCHIVE INTO('pds.lib(member)')


このコマンドを実行すると、指定されたメンバ内にIBMUSERを復元するためのTSSコマンドが生成されます。
生成されたコマンド内のIBMUSERを他の名前に変える事で、使用権も含めIBMUSERと同じ内容の新たなACIDを作成する事ができます。


また、TSS MODELコマンドにて、ACIDキーワードを使用することで、USINGキーワードで指定したモデルとなるACIDのデータを使用権を含めTSSコマンドの形で生成する事ができます。

TSS MODEL USING(IBMUSER) ACID(newacid) INTO('pds.lib(member)')


このコマンドを実行すると、指定されたメンバ内に新しいACIDでIBMUSERをモデルとしたTSSコマンドが生成されます。
生成されたコマンド内容を必要に応じて編集する事ができます。


なお、両コマンドで生成されたTSSコマンドには、PASSWORDキーワードは生成されませんので、適切なPASSWORDを追加で指定する必要があります。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000934

CA Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表