CA Top Secret:SECCACHE用のデータ・スペースについて

book

Article ID: 140957

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

SECCACHEコントロール・オプションのマニュアル説明部分に下記の記述があります。
"Use the SECCACHE control option to provide a cache for CA Top Secret to place security records that reflect the status of a user following a RACROUTE VERIFY request. The cache is managed in a common data space that can be accessed from all address spaces. ..."

この記述に従いSECCACHEを有効にしました。SECCACHE用のデータ・スペースが作成されているはずですが、データ・スペースのリストを見てもSECCACHEという名前が見当たりません。TSSアドレス・スペースにデータ・スペースが割り当てられている様子もありません。どこに作成されているのでしょうか?

Environment

OS: z/OS

Resolution

SECCACHE用のデータ・スペースはSCOPE=COMMONで作成され、マスタ・アドレス・スペース(JOB名は*MASTER*)に割り当てられます。データ・スペース名はTSSDSPです。