CA Top Secret:TSS PERMITコマンド実行時のTSS0473Eエラーについて

book

Article ID: 140948

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

あるリソースに対して、TSS PERMITコマンドで使用権を定義しようとしたら、下記のエラー・メッセージが出力されました。
TSS0473E MAX SIZE of SECREC has been EXCEEDED

そのTSS PERMITコマンドで指定されたACIDは、実際にはACIDの最大のサイズを超えるほど大きくはないのですが、何故でしょうか。

Environment

OS: z/OS

Resolution

このメッセージが出力されるケースでは多くの場合、問題となるのは使用権の対象となるリソースを所有しているDEPARTMENT ACIDです。

使用権が定義される度に、少しずつそのリソースを所有するACIDにおいてスペースが使われていきます。


このようなケースでは、該当のDEPARTMENT ACIDから他のDEPARTMENT ACIDへリソースの所有権を移動させる必要があります。既に定義されている所有権の移動の為には、UNDERCUTキーワードを指定する必要があります。

TSS ADD(newdept) resclass(resname) UNDERCUT


UNDERCUTキーワードの詳細については、「Using」の'Issuing Commands to Communicate Administrative Requirements'の章をご覧下さい。