CA Top Secret:パスワード期限インターバルの変更について

book

Article ID: 140808

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

パスワード期限インターバルを変更する為、PWEXPコントロール・オプションを変更しました。そして、ACIDに対し新たなインターバルを設定し、パスワードを即時満了状態にする為、下記コマンドを実行しました;
TSS REP(acid) PASS(*,,EXP)

その結果、既存のインターバルがそのまま適用され、PWEXPコントロール・オプションで指定した値に変更されませんでした。

TSS REPLACEコマンドにおいて明示的にインターバルを指定しなかったにも拘らず、何故インターバルが変更されなかったのでしょうか?

 

Environment

OS: z/OS

Resolution

TSS REPLACEコマンドにおいてパスワード期限インターバルを指定しなかった場合、該当のACIDに現在設定されている値がそのまま保持されます。

 

TSS ADD又はTSS CREATEコマンドにおいてパスワード期限インターバルを指定しなかった場合は、PWEXPコントロール・オプションで指定している値が使用されます。よって、TSS ADD(acid) PASSWORD(*,,EXP)コマンドを代わりに実行すれば、パスワード期限インターバルを変更することが可能です。

 

PASSWORDキーワードの詳細については、「CA Top Secret Using」の'Issuing Commands to Communicate Administrative Requirements'の章をご覧下さい。

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000899

CA Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表