search cancel

z/OSMF環境にBroadcom製品を登録する方法

book

Article ID: 252291

calendar_today

Updated On:

Products

CHORUS SOFTWARE MANAGER CA 1 Tape Management CA-11 CA 7 Workload Automation SMR JMR Librarian Panvalet Easytrieve Plus Report Generator Toolkit SYSVIEW Performance Management Top Secret Common Services COMMON SERVICES FOR Z/OS JCLCheck Workload Automation MIM Resource Sharing (MIM) Endevor Software Change Manager (SCM) OPS/MVS Event Management & Automation

Issue/Introduction

現在メインフレームホストに導入されているBroadcom製品をz/OSMFのソフトウエア管理に登録する方法について説明します。

Environment

OS: z/OS

Resolution

メインフレームホストに導入されているBroadcom製品(※)をz/OSMF環境で管理するには
Migrate SMP/E Environments into z/OSMF(Article ID: 197545)よりマイグレーションツールをダウンロードする必要があります。

※ Broadcom製品でSMP/Eを使用せずに導入している製品は対応できません。
 
登録手順

1) Migrate SMP/E Environments into z/OSMFより、1661541246855__MigrationTool.zipをお客様のPCにダウンロードします。

2) 1661541246855__MigrationTool.zipをUNZIPすると以下の3メンバーが表示されます。
  これらのファイルをメインフレームホストの80バイトの区分データセットにアップロードします。
 
 CSMRPSQL(JCL)
 CSM2ZOSM(REXX)
 LISTTGZ(REXX)

3) マイグレーション用の順次ファイルをRECFM=VB,LRECL=160,BLKSIZE=0,DSORG=PSで作成します。
   ファイルの構成については以下のようになります。複数行指定可能です。
BROWSE    SAMPLE.MIGROUT                             LINE 0000000000 COL 001 080
 COMMAND ===>                                                    SCROLL ===> CSR  
********************************* Top of Data **********************************
Instance 1 |PRODUCT1.CSI                                                
Instance 2 |PRODUCT2.CSI                                                
******************************** Bottom of Data ******************************** 
 
・Instance 1は、将来の使用するインスタンス名(z/OSMF側での名称)
・PRODUCT1.CSIは、z/OSMF配下にするBroadcom製品のCSI名を指定 

下記はCommon services(CCS)のCSIデータセットの指定例
 
BROWSE    CCS390.MIGROUT.CCS LINE 0000000000 COL 001 080 
 COMMAND ===>                                                  SCROLL ===> CSR  
********************************* Top of Data **********************************
LPA1-CCS | CCS390.R15MI00.CSI                                        
******************************** Bottom of Data ******************************** 

4) 上記2)にてアップロードしたメンバー:CSM2ZOSMをカストマイズします。
当該メンバー内の下記の部分をお客様のz/OSMFの環境に合わせて設定します。

指定例)
ZosmfUri = 'https://testtest.tst.broadcom.net'  */ z/OSMFサーバ URIを指定
ZosmfPort = '1443'                              */ ポート番号
ZosmfUser = 'TSTUSR1                            */ 当REXXを実行するTSOユーザID
ZosmfSystem = 'LPAR1-TEST'                      */ z/OSMFシステムのニックネーム
SafKeyRing = 'izusvr/IZUKeyring.IZUDFLT'        */ z/OSMFにて使用されるCERTAUTH 証明書 SAF keyリング
SslVersion = 'TLSv12'                           */ z/OSMF サーバーへの HTTPS 接続に使用される SSL バージョン

DatacomOutput = 'CCS390.MIGROUT.CCS '      */ 上記3)にて作成したマイグレーション用のデータセット
 
詳細に関してはREXXメンバーのコメント及びMigrate SMP/E Environments into z/OSMFのマニュアルをご覧ください。

5) CSM2ZOSMの実行結果を格納する順次ファイルをRECFM=FB,LRECL=80,DSORG=PSで作成します。(例:CCS390.MIGROUT.PRINTなど任意の名称)

6) CSM2ZOSMをEXECUTEします。下記メッセージが発行されます。

 6-1) Enter the password for the "TSTUSR1" user at https://testtest.tst.broadcom.net:1443/zosmf    
   ==>  REXXを実行しているTSOのUSERIDのパスワードを応答します。

 6-2) Enter the data set name for the Migration Summary report:
   ==>  上記5)にて作成したデータセットを指定します。(例:CCS390.MIGROUT.PRINT)

 6-3) CSM2ZOSMの正常終了を確認します。
   何等かのエラーが発生した場合には、エラーを訂正後、TSOを一旦LOGOFF/LOGONしてからRERUNしてください。

7) z/OSMF画面の”ソフトウエア管理”をクリックします。(下記のアイコン例は”デスクトップインタフェース”)

 
                             
8) ソフトウエア管理の”ソフトウエア・インスタンス”をクリックして、上記3)にてマイグレーション用の順次ファイル内に指定した
  インスタンス名が格納されていることを確認します。同様にグローバルゾーンのCSI名が、指定したCSI名になっていれば当作業は完了です。
 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003111

当ナレッジドキュメントの英文ドキュメント
Migrate SMP/E Environments into z/OSMF

参考Youtube
Modernizing the Maintenance of z/OS Software

その他関連リンク
z/OS、z/VSE、CICS、DB2、IMS、CPUとの互換対応(メインフレーム製品全般)

Attachments