search cancel

JTEC003079:CA 1 COPYCAT機能について

book

Article ID: 244300

calendar_today

Updated On:

Products

CA 1 Tape Management CA 1 Tape Management - Copycat Utility TLMS Tape Management

Issue/Introduction

CA 1 COPYCAT及びTLMS COPYCATオプションについて

Environment

Release:14.0
OS: z/OS

Resolution

・COPYCAT機能は、PTF:SO01325を適用することによって、CA1及びTLMSの
 ロードモジュールライブラリーに配布されるようになりました。

 CA COPYCATをスタンドアロン製品として維持する必要がなくなりました。
 このPTF導入後は、既存のCOPYCATのSMP/Eデータセットや各データセットは
 削除可能です。

・PTF:SO01325適用時には、以下のJCLがprefix.CTAPJCLに配布されます。

   CTSJEL1C
   CTSJEL2C
   CTSJEL3C
   CTSJFLCP
   CTSJTPCP
   CTSJTPMP
   CTSJUXRS

・COPYCAT機能のためのLMPキーは、CA1(L0)もしくはTLMS(TL)のLMPキーが利用できます。
  既存のCOPYCATのLMPキー(B9)は不要です。

・参考英文ナレッジドキュメント
   Is an LMP key required for COPYCAT?
   ADD COPYCAT TO CA1 AND TLMS
 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC003079

CA 1のその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA 1 FAQ一覧表