search cancel

CA JCLCheck : ADRDSSU(DFDSS)検証時、INCLUDEされるデータセット数が増えると、CA JCLCheck使用のREGION値は増加しますか?

book

Article ID: 135582

calendar_today

Updated On:

Products

JCLCheck Workload Automation

Issue/Introduction

ADRDSSU(DFDSS)を使用した論理ダンプのJCLを使っていますが、例1よりも、例2のようにINCLUDEされる対象データセットの数が多い方が、CA JCLCheckが検証に使用するREGION値は増加しますか?

例1 - 単一のデータセットをダンプする場合
//SYSIN DD *
 DUMP OUTDDNAME(TAPEOUT) -
  DATASET(INCLUDE(JCK.R12.CAZ2JCL)) -
  ALLDATA(*) ALLEXCP OPT(4) TOL(ENQF) SHR
//

例2 - 複数のデータセットをワイルドカード指定でダンプする場合
//SYSIN DD *
 DUMP OUTDDNAME(TAPEOUT) -
  DATASET(INCLUDE(JCK.R12.**)) -
  ALLDATA(*) ALLEXCP OPT(4) TOL(ENQF) SHR
//

Environment

Release: 12.0
OS: z/OS

Resolution

ADRDSSUコントロールカード検査に使用されるREGION値の増減に関しては、一概に回答できません。
これはADRDSSUコントロールカード検査にADRDSSU PARM='TYPRUN=SCAN'を使用していることから、ADRDSSUの仕様に依存するためです。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002084 

CA JCLCheckのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA JCLCheck FAQ一覧表