search cancel

CA JCLCheck : AUTOPROCオプション使用時のCAY6182Sエラー解決方法を教えてください。

book

Article ID: 135448

calendar_today

Updated On:

Products

JCLCheck Workload Automation

Issue/Introduction

11.0 から 12.0 へアップグレード後にAUTOPROCオプションを使用したところ、以下のエラーにてJCLCheckが正常に処理できませんでした。
解決方法を教えてください。

CAY6182S ERROR INITIALIZING AUTOPROC 'JCLSRB' RETURN CODE IS 76 0 0 0

なお、導入してテストしているシステム環境は、z/OS 1.10です。

Environment

Release: 12.0
OS: z/OS

Resolution

CA JCLCheck 12.0のサポート対象は z/OS 1.11以上となっています。
それ以下のOSレベルではシステム環境固有の問題が発生する可能性があるため、
AUTOPROCオプションをご利用いただく事はできません。

このため 12.0のAUTOPROCオプションに関しましては、
z/OS 1.11以上の環境にてご利用いただきますようお願いします。

暫定対応としては、
PROCxx(EDCHKDDの時)もしくはSYSPROC DD(バッチのみ)を指定して
探索対象のプロシージャ・ライブラリを明示的に記述してください。

そして、AUTOPROCオプションは削除します。

EDCHKDDの指定例

BROWSE JCK.R12SP00.CAZ2OPTN(EDCHKDD) - 01 LINE 00000000 COL 001 080
COMMAND ===>                                                   SCROLL ===> CSR
********************************* Top of Data **********************************
EDCHEK V COND SEV(1) NOTERM NOLIST FLUSHRC(1) DCBCHK  -
UTLSEV NODB2 PXREF XREF HCD FULL SPACE(RPT 75 ALL)    -
RUNT NOPVTCAT JOBSEV NOCTL IMS SEC(NOSHR LOG)
ALLOC FI(PROC00) DA(JCK.XE20.PROCLIB)
ALLOC FI(*)      DA(SYS1.PROCLIB)
ALLOC FI(*)      DA(SYS2.PROCLIB)
ALLOC FI(*)      DA(USER.PROCLIB)
      GO
******************************** Bottom of Data ********************************

 

バッチ処理の指定例

BROWSE JCK.R12SP00.SAMPJCL(##AU) - 0 1 LINE 00000000 COL 001 080
COMMAND ===>                                                     ROLL ===> CSR
********************************* Top of Data **********************************
//JOBCARDA JOB (*********),'CAJ',CLASS=A,MSGCLASS=X,
//JCLCHECK EXEC PGM=JCLCHECK,REGION=4096K,PARM='OPTIONS(JCKOPT)'
//STEPLIB   DD DISP=SHR,DSN=JCK.R12SP00.CAZ2LOAD
//SYSPRINT  DD SYSOUT=*
//SYSTERM   DD SYSOUT=*
//SYSGRAPH  DD SYSOUT=*
//SYSUDUMP  DD SYSOUT=*
//SNAPJCK   DD SYSOUT=*
//SYSRDR    DD SYSOUT=(A,INTRDR),DCB=BUFNO=1
//SYSPROC   DD DSN=JCK.XE20.PROCLIB,DISP=SHR
//          DD DSN=SYS1.PROCLIB,DISP=SHR
//          DD DSN=SYS2.PROCLIB,DISP=SHR
//          DD DSN=USER.PROCLIB,DISP=SHR
//JCKOPT    DD *
CTL FULL JOB LIST XREF PXREF(RPT) NODB2 UTLSEV FLUSHRC(00)
V(R) SYNTAX JOBSEV LIN(46) C(999) SEC(NOSHR)
//SYSIN DD DISP=SHR,DSN=JCK.SAMPJCL(@PROC)
******************************** Bottom of Data ********************************

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000606
 
CA JCLCheckのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。