search cancel

CA JCLCheck : IDCAMS LISTCでCAY6374Eメッセージが出力されました。これは正しいメッセージ出力ですか?

book

Article ID: 135383

calendar_today

Updated On:

Products

JCLCheck Workload Automation

Issue/Introduction

11.0から12.0へアップグレードしたところ、以下のCAY6374Eメッセージが出力されました。
以前のバージョンでは、出力されていませんでしたが正しいでしょうか?

尚、以下のJCL内のLISTCに指定のあるデータセットは存在しません。

<検証対象のサンプルJCL>
//IDCAMS EXEC PGM=IDCAMS
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//SYSIN    DD *
 LISTC LVL(TESSE01.*.CNTLXYZ)
//

CAY6374E ERROR PROCESSING 'TESSE01.*.CNTLXYZ' IDCAMS MESSAGE 'IDC3012I..CAZ2CSI: DATA SET
NOT FOUND (INI00020).'

Environment

Release: 12.0
OS: z/OS

Resolution

正しいメッセージ出力です。

お客様のIDCAMSのLISTCの対象としているデータセットは存在しないとのことですので、
本来はCA JCLCheck によってメッセージが出力されるのが正しい動作となります。

これは11.0のPTF:RO52530によって修正され、12.0にも同様の対処が行われております。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000599
 
CA JCLCheckのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。