search cancel

CA Gen : r6.5 とr7 のPTFでのGenランタイムファンクション SUBSTRDBCSへの変更情報

book

Article ID: 134875

calendar_today

Updated On:

Products

Gen

Issue/Introduction

Gen 6.5 とr7 のPTFで、GenランタイムファンクションSUBSTRDBCSの動作に変更があります。

Environment

Release:

CA Gen Run Time, Blockmode: 6.5, 7.0

CA Gen Run Time, Distributed: 6.5, 7.0

CA Gen Run Time, GUI: 6.5, 7.0

Resolution

このドキュメントはその変更による影響について説明します。


Windows Client (GUI) Runtime PTFs

Gen 6.5: RTN65327 (QO76480

Gen r7: RTN70016 (QO76732)


上記PTFは、GenランタイムファンクションSUBSTRDBCSを変更しています。ファンクションSUBSTRDBCSの引数である「開始位置」と「部分⽂字列⻑」にはこれまでバイト数が使われていましたが、⽂字数を使⽤するように変更されます。


Blockmode/Server Runtime for z/OS PTFs

Gen 6.5: RTM65311 (QO74978)  

Gen r7: RTM70018 (QO91039)


上記PTFも、GenランタイムファンクションSUBSTRDBCSを変更しています。ファンクションSUBSTRDBCSの引数である「開始位置」と「部分⽂字列⻑」にはこれまでバイト数が使われていましたが、⽂字数を使⽤するように変更されています。(このPTFはランタイムファンクションSUBSTRMIXEDも同様に動作するように変更しています。しかし他のプラットフォームでのSUBSTRMIXEDに関する変更の予定は現在のところありません)


他のプラットフォームのSUBSTRDBCSGen r8までは変更される予定はありません。


バイト数の代わりに⽂字数が使われる影響】既存のアプリケーションにこのPTFを適⽤される場合には、戻り値が変わります。

事前の影響等調査を実施いただき、その後適⽤してください。

PTF適⽤前】(⾚字は全⾓⽂字)

:  substrdbcs("123456789ABCDE",9,4),     結果:  "56"

PTF適⽤後】

:  substrdbcs("123456789ABCDE",9,4),     結果: :  "9ABC"     

以下の図はPTF適⽤前後のGenr6.5、r7でのSUBSTRDBCS機能のまとめです。

 

.NET(r7)

Java

Windows

Blockmode

GUI

MF

Windows

Unix

PTF適⽤前

character

character

byte

byte

byte

byte

PTF

None

None

RTN65327

 

RTN70016

RTM65311

 

RTM70018

None

None

PTF適⽤後

character

character

character

character *1

byte

byte

 *1: これはSUBSTRMIXEDへの修正も含みます。(z/OSのみ)

ご質問等がございましたら、恐れ⼊りますが弊社サポートまでご連絡ください。

この技術情報は、以前に公開された 「ファンクションSUBSTRDBCSPTFに関する注意事項 RTN65327, RTM65311, RTN70016, RTM70018 (⽂書番号 JTEC001754) を改訂したものです。


Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:  JTEC001763

CA Genのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Gen FAQ一覧表