search cancel

CAGen : ファンクションSUBSTRDBCSのPTFに関する注意事項 RTN65327/QO76480

book

Article ID: 134646

calendar_today

Updated On:

Products

Gen

Issue/Introduction

弊社Support Webサイトに公開されましたWindowsPTFRTN65327/QO76480について、使⽤上の注意事項に関する情報です。

 

SUBSTRDBCS PROCESSES INCORRECT RESULTS; EDIT PATTERN LOOP 

QO76480

Environment

Release: AllFusion Gen 6.5 

Resolution

【当PTF修正内容】

当PTFは、Windows Client(GUI)側のランタイムのファンクションSUBSTRDBCSを修正しています。

その内容は、ファンクションSUBSTRDBCSの引数である「開始位置」と「部分⽂字列⻑」にはこれまでバイト数が使われておりましたが、文字数を使⽤するように変更されます。

既存のアプリケーションにこのPTFを適⽤される場合には、戻り値が変わってまいります。事前の影響等調査を実施いただき、その後適⽤してください。

 

PTF適⽤前の動作例】(⾚字は全⾓⽂字)

If substrdbcs("123456789ABCDE",9,4),      

Client(GUI)側での結果:  "56"       

 

PTF適⽤後の動作例】

If substrdbcs("123456789ABCDE",9,4),     

Client(GUI)側での結果:  "9ABC"    

 

【補⾜】ホスト⽤PTFでは、RTM65311/QO74978により、同様の変更がされております。

(ホスト⽤PTFには、ファンクションSUBSTRDBCSのほかにSUBSTRMIXEDに関する修正が含まれております。他のプラットフォームにはSUBSTRMIXEDに関する修正の予定は現在のところございません)

今後、サーバモジュール⽤のBlockmodeランタイム(WindowsUNIX)についても同様のSUBSTRDBCSの⽂字数への変更が⾏われる⽅向ですが、Gen6.5r7ではなく、将来のバージョンでの変更となる予定です。

現在開発中のアプリケーションにはその考慮が必要となります。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC001748

CA Genのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Gen FAQ一覧表