JTEC001253 : CA JMRのDAILYLOGファイルの容量不足が原因で、CAPKJMRがB37でABENDの対応方法について

book

Article ID: 133970

calendar_today

Updated On:

Products

JMR

Issue/Introduction

CA JMRのDAILYLOGファイルの容量不足が原因で、CAPKJMRがB37でABENDしました。対応方法について教えてください。

Environment

Release : 4.6
Component : JMR - JOBLOG Management & Retrieval

 

 

Resolution

CA JMRのDAILYLOGファイルを拡張後に、CAPKJMRの再起動が必要です。

対応方法:

(1)B37でABENDしたDAILYログファイルをRENAMEします。(例:JOBLOG.R46.JMRyyddd.OLD)

(2)上記(1)でRENAMEしたDAILYログファイルを入力にしてIEBGENERを使って、現在の容量より大きいサイズにしてコピーします。 (※)

例:

//STEP1 EXEC PGM=IEBGENER

//SYSUT1 DD DSN=JOBLOG.R46.JMRyyddd.OLD,DISP=SHR

//SYSUT2 DD DSN=JOBLOG.R46.JMRyyddd,DISP=(NEW,CATLG,DELETE),UNIT=SYSDA,

// VOL=SER=nnnnnn,SPACE=(CYL,(xx,xx))

(3) CAPKJMR の再起動(例:S CAPKJMR.JMR)

※B37 ABENDが頻繁に発生する場合には、prefix.PPOPTION(PK46OPTN)内の" PRIMARY "と" SECDRY "の値を必要に応じて見直してください。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC001253

CA JMRのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA JMR FAQ一覧表