クライアントが VMware vSphere Data Protection でバックアップ ジョブを 24 時間を超えて実行できるようにする
search cancel

クライアントが VMware vSphere Data Protection でバックアップ ジョブを 24 時間を超えて実行できるようにする

book

Article ID: 343902

calendar_today

Updated On:

Products

VMware vSphere ESXi

Issue/Introduction

  • バックアップ ジョブを 24 時間で完了できない
  • バックアップ ウィンドウの有効期間が切れると MC サーバでジョブがキャンセルされ、バックアップが完了しない
  • /space/avamarclient/var-proxy-x/job_name.log ファイルに次のようなエントリが表示される。

    <YYYY-MM-DD>T<time>.601-8:00 avvcbimage Info <9772>: Starting graceful (staged) termination, MCS cancel (wrap-up stage)
    <YYYY-MM-DD>T<time>.775-8:00 avvcbimage Info <16022>: Cancel detected(externally cancelled by Administrator), isExitOK(0).
    <snip>
    <YYYY-MM-DD>T<time>.958-8:00 avvcbimage Info <0000>: Cancelled by MCS with timeout=0 sec</time></time></time>


    • 使用する VDP バージョンに応じて、プロキシ ログは /usr/local/avamarclient
    • 前述のログの引用は単なる例です。日付、時間、および環境変数は、環境によって異なる場合があります。
  • mccli activity show --active を実行し、進捗バイト(アクティビティ中に調べられるバイトの合計数)を監視すると、VDP で仮想ディスク全体を 24 時間以内にスキャンできないことがわかる
    (以下の例では、ディスクは 1 TB)

    ID Status Error Code Start Time Elapsed End Time Type Progress Bytes New Bytes Client Domain
    ---------------- ------ -------- ---------- ------- --------- ------- -------------- --------- ------- --------
    9142534800184509 Running 0 Time in PST 23h:23m:28s Time in PST Scheduled Backup 630.0 GB 5.2% Win2K8 /vm.vmware.com/VirtualMachines



Symptoms:
免責事項:これは英文の記事「Allowing a client to run a backup job for more than 24 hours in VMware vSphere Data Protection (2109662)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。


Environment

VMware vSphere Data Protection 5.8.x
VMware vSphere Data Protection 5.1.x
VMware vSphere Data Protection 5.5.x
VMware vSphere Data Protection 6.0.x

Cause

この問題は、非初期バックアップがバックアップ時間枠内で完了しない場合に発生します。これは通常、Change Block Tracking (CBT) が有効でない、またはリセットされない場合に発生します。

バックアップ ウィンドウの期間は、VDP によって自動的に 24 時間に設定されます。初期バックアップはデフォルトで、正常なバックアップが完了するまで超過時間オプションを [Overtime] に設定することで、24 時間を超えて実行可能です。

最初のバックアップが正常に完了すると、超過時間オプションは [No overtime allowed] に設定されます。結果として、24 時間のバックアップ時間枠の期限が切れると MC サーバによりバックアップがキャンセルされ、ジョブが完了する時間がありません。

何らかの理由で Change Block Tracking (CBT) ファイルがリセットされると、仮想ディスク全体が再度スキャンされます。CBT は整合したチェックポイントを必要とし、仮想ディスクがフル スキャンされ、バックアップが完了すると有効になります。詳細については、「Change Block Tracking (CBT) on virtual machines (1020128)」を参照してください。

その結果、バックアップが MC サーバによってキャンセルされ、CBT がまだ有効になっていない場合、次のバックアップ ジョブが開始されるときに VDP は仮想ディスク全体のスキャンを開始します。

Resolution

バックアップ ジョブが 24 時間を超えて実行され、スキャンがやり直されないようにするには、次のオプションを使用します。
  • [Overtime] オプションを有効にして、クライアントがバックアップを 24 時間を超えて実行できるようにします。

    1. SSH を使用して VDP アプライアンスに接続します。詳細については、『VMware vSphere Data Protection Administration Guide』の「VDP アプライアンスのコマンド ラインへのアクセス」セクションを参照してください。
    2. 次のコマンドを実行して、クライアント名とフル パスを検索します。

      mccli client show --recursive

      例:

      mccli client show --recursive

      0,23000,CLI command completed successfully.

      Client Domain Client Type
      ------ ------------- --------------------------
      vdp.vmware.com /clients VMware Image Proxy with Guest Backup
      Win2K8 /vc.vmware.com/VirtualMachines Virtual Machine
      Win2K3 /vc.vmware.com/VirtualMachines Virtual Machine
      vc.vmware.com /vc.vmware.com vCenter

    3. 次のコマンドを実行して、クライアント詳細を一覧表示します。

      mccli client show --domain=/IP_Address/VirtualMachines --name="Client_Name"

      次のような出力が表示されます。

      Overtime Option No overtime allowed

      例:

      mccli client show --domain=/172.16.240.8/VirtualMachines --name="CWC-DC01.mwci.zone"

      0,23000,CLI command completed successfully.

      Attribute Value
      ------------------------ -------------------------------------------------------------------------
      Client Name Win2K8
      Fully Qualified Name /vc.vmware.com/VirtualMachines/Win2K8_UDU9nLWL6BgGQaBh3Jeegg
      Client Type Virtual Machine
      Operating System windows7Server64Guest
      Paging No
      CID 86926f70dae8d1cbf8f062e32a87fc8b70a2cfcd
      CID Assigned
      <YYYY-MM-DD>T<time></time> PST
      Disabled No
      Agent Last Started
      <YYYY-MM-DD>T<time></time> PST
      Override Group Retention No
      Retention Policy Default Retention
      Overtime Option No overtime allowed
      <snip>

      :前述のログの引用は単なる例です。日付、時間、および環境変数は、環境によって異なる場合があります。

    4. 次のコマンドを実行して overtime-option NEXT_SUCCESS に変更します。

      mccli client edit --domain=/IP_Address/VirtualMachines --name="Client_Name" --overtime=true --overtime-option=NEXT_SUCCESS

      例:

      mccli client edit --domain=/172.16.000.0/VirtualMachines --name="CWC-DC01.mwci.zone" --overtime=true --overtime-option=NEXT_SUCCESS

      0,22211,Client was updated.

      :後続のバックアップはより迅速になることが予想されるため、[Overtime] オプションの設定は、最初のバックアップが成功した後で自動的に [No overtime allowed] に戻ります。

      推奨はしませんが、Overtime を常に有効にするには、次のオプションを使用します:--overtime-option=ALWAYS

      Overtime を無効にするには、上記のオプションを手動で次のように変更します:--overtime-option=NEVER

    5. 次のコマンドを実行して、変更を確認します:

      mccli client show --domain=/IP_Address/VirtualMachines --name="Client_Name"

      出力は次のようになります。

      Overtime Option Overtime until successful backup

      例:

      mccli client show --domain=/172.16.240.8/VirtualMachines --name="CWC-DC01.mwci.zone"


      0,23000,CLI command completed successfully.
      Attribute Value
      ------------------------ -------------------------------------------------------------------------
      Client Name Win2K8
      Fully Qualified Name /vc.vmware.com/VirtualMachines/Win2K8_UDU9nLWL6BgGQaBh3Jeegg
      Client Type Virtual Machine
      Operating System windows7Server64Guest
      Paging No
      CID 86926f70dae8d1cbf8f062e32a87fc8b70a2cfcd
      CID Assigned
      <YYYY-MM-DD>T<time></time> PST
      Disabled No
      Agent Last Started
      <YYYY-MM-DD>T<time></time> PST
      Override Group Retention No
      Retention Policy Default Retention
      Overtime Option Overtime until successful backup
      <snip>


      :前述のログの引用は単なる例です。日付、時間、および環境変数は、環境によって異なる場合があります。

  • バックアップ ジョブが日単位で実行されるようにスケジュールされている場合、ジョブが週単位で実行されるように変更し、ジョブが開始され、翌日に待機中にならないようにします。

    1. vSphere Web Client の VMware vSphere Data Protection プラグインで、[バックアップ] タブを選択します。
    2. クライアントのバックアップ ジョブを選択します。
    3. バックアップ ジョブ アクション > 編集 をクリックします。
    4. 手順 2 で、バックアップ スケジュールを 日単位 から 週単位で実行 に変更し、ジョブが実行される曜日を選択します。
    5. 次の手順ではデフォルトのパラメータのままにし、終了 をクリックします。
:ジョブ スケジュールを変更すると、すべてのクライアントに影響します。VMware ではクライアントごとに別々のバックアップ ジョブを実行することをお勧めします。

Additional Information

Allowing a client to run a backup job for more than 24 hours in VMware vSphere Data Protection

Impact/Risks:
ジョブ スケジュールを変更すると、すべてのクライアントに影響します。VMware ではクライアントごとに別々のバックアップ ジョブを実行することをお勧めします。