NSX for vSphere 6.3.x にアップグレードした後、Fenced vApp が vCloud Director 8.20 で失敗する
search cancel

NSX for vSphere 6.3.x にアップグレードした後、Fenced vApp が vCloud Director 8.20 で失敗する

book

Article ID: 343330

calendar_today

Updated On:

Products

VMware Cloud Director VMware NSX Networking

Issue/Introduction

vCloud Director 8.20 で NSX を 6.3.x に、NSX Edge Gateway を 6.3.x にアップグレードすると、次の症状が発生します。
  • Fence vApp が失敗する
  • Fence ネットワーク内の仮想マシンが、ゲートウェイとの通信に失敗する



Symptoms:
免責事項:これは英文の記事「Fenced vApps fails in vCloud Director 8.20 after upgrading to NSX for vSphere 6.3.x (2150010)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。


Environment

VMware NSX for vSphere 6.3.x
VMware Cloud Director for Service Provider 8.20.x

Cause

NSX 6.3.x Edge Gateway では、新しいルート テーブルが導入され(テーブル 251)、常に最初にルート検索されます。主テーブル(テーブル 254)は、テーブル 251 にルートがない場合にのみ参照されます。この問題は、デバイス ルート(vApp 仮想マシンの場合は /32 ルート)が主テーブルに自動接続され、そのときテーブル 251 にはすでにデフォルトのルートがあるために発生します。したがって、テーブル 251 にはデフォルトのルートがすでに存在するため、主テーブルでの参照は発生せず、Fence vApp の仮想マシンは接続を失います。

Resolution

この問題は VMware NSX for vSphere 6.3.2 で解決されており、VMware Downloads で入手できます。

vCloud Director 8.20 で Fence vApp を使用して NSX for vSphere 6.3.0 または 6.3.1 にすでにアップグレードしている場合、この問題を回避するには VMware サポートにお問い合わせください。VMware サポートへの問合わせについては、「Filing a Support Request in My VMware (2006985)」または「How to Submit a Support Request」を参照してください。


Additional Information

この記事の更新時にアラートを受信する場合は、[Actions] ボックスで [Subscribe to Document] をクリックしてください。Fenced vApps fails in vCloud Director 8.20 after upgrading to NSX for vSphere 6.3.x